編集する キャラクター一覧    Pathfinder キャラクターデータベース
タグ
 
キャラクター名
ショトロル
属性
中立にして善
プレイヤー名
さらみ
最終更新
2018/05/03 21:44
クラス/キャラクターレベル
ミーディアム(フィーンドの監視者Fiend Keeper)
信仰する神
 
故郷
 
種族
グリプリー
サイズ
小型
性別
年齢
 
身長
2'" 60.96cm
体重
30lb. 13.62kg
髪の色
 
瞳の色
 
肌の色
 
メモ欄
適正クラスボーナス:Add 1/4 to any checks modified by the medium’s spirit surge ability.
能力名 能力値 能力
修正値
一時的
能力値
一時的
修正値
筋力
14
+2
 
 
敏捷力
15
+2
 
 
耐久力
14
+2
 
 
知力
10
 
 
 
判断力
10
 
 
 
魅力
14
+2
 
 
HP
ヒットポント
最大値
10
ダメージ減少
 
負傷/現在のヒットポイント
非致傷ダメージ
 
イニシアチブ修正値
2
=
+2
+
 
合計
【敏】
修正値
その他の
修正値
移動速度
地上
30ft./6sq.
20ft./4sq.
基本移動速度 防具着用時
ft./
ft.
20ft.
ft.
飛行/機動性 水泳 登攀 掘り進み
技能
クラス
技能
技能名 技能
修正値
能力
修正値
ランク クラス
技能
鎧による
判定ペナルティ
その他の
修正値
〈威圧〉
4
= 【魅】+2 +
 
+
 
+
 
+
2
〈隠密〉
7
= 【敏】+2 +
 
+
 
+
 
+
4
〈軽業〉
 
= 【敏】+2 +
 
+
 
+
 
+
 
〈鑑定〉
0
= 【知】0 +
 
+
 
+
 
+
 
〈騎乗〉
 
= 【敏】+2 +
 
+
 
+
 
+
 
〈芸能〉()
2
= 【魅】+2 +
 
+
 
+
 
+
 
〈芸能〉()
2
= 【魅】+2 +
 
+
 
+
 
+
 
〈言語学〉*
 
= 【知】0 +
 
+
 
+
 
+
 
〈交渉〉
8
= 【魅】+2 +
1
+
+3
+
 
+
2
〈呪文学〉*
 
= 【知】0 +
 
+
 
+
 
+
 
〈職能〉()
0
= 【判】0 +
 
+
 
+
 
+
 
〈職能〉()
0
= 【判】0 +
 
+
 
+
 
+
 
〈真意看破〉
0
= 【判】0 +
 
+
 
+
 
+
 
〈水泳〉
2
= 【筋】+2 +
 
+
 
+
 
+
 
〈製作〉()
0
= 【知】0 +
 
+
 
+
 
+
 
〈製作〉()
0
= 【知】0 +
 
+
 
+
 
+
 
〈製作〉()
0
= 【知】0 +
 
+
 
+
 
+
 
〈生存〉
0
= 【判】0 +
 
+
 
+
 
+
 
〈装置無力化〉*
 
= 【敏】+2 +
 
+
 
+
 
+
 
〈脱出術〉
 
= 【敏】+2 +
 
+
 
+
 
+
 
〈知覚〉
4
= 【判】0 +
1
+
+3
+
 
+
 
〈知識:貴族〉*
 
= 【知】0 +
 
+
 
+
 
+
 
〈知識:工学〉*
 
= 【知】0 +
 
+
 
+
 
+
 
〈知識:次元界〉*
4
= 【知】0 +
1
+
+3
+
 
+
 
〈知識:自然〉*
 
= 【知】0 +
 
+
 
+
 
+
 
〈知識:宗教〉*
4
= 【知】0 +
1
+
+3
+
 
+
 
〈知識:神秘学〉*
 
= 【知】0 +
 
+
 
+
 
+
 
〈知識:ダンジョン探検〉*
 
= 【知】0 +
 
+
 
+
 
+
 
〈知識:地域〉*
 
= 【知】0 +
 
+
 
+
 
+
 
〈知識:地理〉*
 
= 【知】0 +
 
+
 
+
 
+
 
〈知識:歴史〉*
 
= 【知】0 +
 
+
 
+
 
+
 
〈治療〉
0
= 【判】0 +
 
+
 
+
 
+
 
〈手先の早業〉*
 
= 【敏】+2 +
 
+
 
+
 
+
 
〈登攀〉
2
= 【筋】+2 +
 
+
 
+
 
+
 
〈動物使い〉
2
= 【魅】+2 +
 
+
 
+
 
+
 
〈はったり〉
2
= 【魅】+2 +
 
+
 
+
 
+
 
〈飛行〉
3
= 【敏】+2 +
 
+
 
+
 
+
 
〈変装〉
2
= 【魅】+2 +
 
+
 
+
 
+
 
〈魔法装置使用〉*
 
= 【魅】+2 +
 
+
 
+
 
+
 
*習得時のみ。【筋】【敏】鎧による判定ペナルティ適用
AC
アーマークラス
13
=10+
 
+
 
+
+2
+
+1
+
 
+
 
+
 
合計
ボーナス

ボーナス
【敏】
修正値
サイズ
修正値
外皮
ボーナス
反発
ボーナス
その他の
ボーナス
接触
アーマークラス
13
立ちすくみ
アーマークラス
 
修正等
セーヴィング・スロー 合計 基本
セーヴ
能力
修正値
魔法による
修正値
その他
修正値
一時的
修正値
頑健【耐久力】
2
=
0
+
+2
+
 
+
 
+
 
反応【敏捷力】
2
=
0
+
+2
+
 
+
 
+
 
意志【判断力】
2
=
2
+
0
+
 
+
 
+
 
     基本攻撃ボーナス     
0
  呪文抵抗  
 
戦技ボーナス
1
=
0
+
+2
+
-1
合計 基本攻撃
ボーナス
【筋】
修正値
サイズ
修正値
戦技防御値
13
=
0
+
+2
+
+2
+
-1
+10
合計 基本攻撃
ボーナス
【筋】
修正値
【敏】
修正値
サイズ
修正値
攻撃1 攻撃ボーナス クリティカル 重量
レベル1:タイアハ
+4または+2/+2
×2/×3
4
タイプ 射程 その他・矢弾等 ダメージ
殴打または刺突
 
 
1d8+5/1d4+4

攻撃2 攻撃ボーナス クリティカル 重量
レベル4:タイアハ
+10または+8/+8
 
 
タイプ 射程 その他・矢弾等 ダメージ
 
 
闇の力
1d8+8/1d4+7

攻撃3 攻撃ボーナス クリティカル 重量
レベル6:タイアハ
+9または+7/+7/+7
 
 
タイプ 射程 その他・矢弾等 ダメージ
 
 
闇の力・緊急攻撃・強打
1d8+12/1d4+9

攻撃4 攻撃ボーナス クリティカル 重量
レベル9:タイアハ
+13または+11/+11/+6/+11/+6
 
 
タイプ 射程 その他・矢弾等 ダメージ
 
 
闇の力・霊力・緊急攻撃・強打
1d8+14/1d4+14

攻撃5 攻撃ボーナス クリティカル 重量
 
 
 
 
タイプ 射程 その他・矢弾等 ダメージ
 
 
 
 

攻撃6 攻撃ボーナス クリティカル 重量
 
 
 
 
タイプ 射程 その他・矢弾等 ダメージ
 
 
 
 

鎧・防御アイテム ACボーナス タイプ ACへの【敏】ボーナス上限 判定ペナルティ 秘術呪文失敗確率 重量 特性・その他
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
合計
 
 
 
 
 
0
 
装備品
アイテム重量
運搬重量の合計
(硬貨含)
4
所持金
銅貨(cp)
 
銀貨(sp)
 
金貨(gp)
 
白金貨(pp)
 
軽荷重
43
頭上に持ち上げる
=最大荷重
131
中荷重
87
地面から持ち上げる
=最大荷重x2
262
重荷重
131
押し引き
=最大荷重x5
655
特技
1:《二刀流》
3:《霊熟練チャンピオン》
4:敏捷力+1
5:《強打》
7:《二重斬り》
8:敏捷力+1
9:《二刀流強化》
11:
12:敏捷力+1
13:
15:《上級二刀流》
16:魅力+1
17:
19:
20:魅力+1
特殊能力
種族:暗視60ft・カモフラージュ・殿様
1:単純武器・軽装鎧・中装鎧に習熟
1:チャンピオンの武威(下級、超常)/Champion's Prowess:君は全ての軍用武器と選択した特殊武器1つに習熟する。特殊武器の種類は、チャンピオンの霊を降ろすたびに選択する。
1: トリックスターの手並み(下級、超常)/Trickster's Edge:技能を2つ選択する。これらの技能は君のクラス技能として扱われ、それらの技能には追加でミーディアム・レベルに等しいランクを加えたかのように扱う(キャラクター・レベルが上限)。
1:
 マーシャルの指令(下級、超常)/Marshal's Order:君は自分あるいは仲間が行う攻撃ロール、セーヴィング・スロー、能力値判定、精神集中判定、技能判定に霊の活性を使用することができる。仲間に使用する際、その仲間は降霊会に参加していなければならず、君から視線と効果線が通っていなければならない。また、その仲間は30フィート以内にいなければならない。君は依然として1ラウンドに1回しか霊の活性を使用することができない。
1:邪霊(超常)/Evil Spirit:ミーディアムは霊――神話や伝説が実在した過去の時代にいた強力な魂のアストラル的残響――を引き込む器となる。毎日、ミーディアムは降霊会と呼ばれる儀式を通して霊を降ろすことができる。降霊会には1時間かかり、その間ミーディアムは精神集中をしなければならない。降霊会の終わりに、ミーディアムはその地の霊を降ろし、その日の間自分の中に住まわせ、自分の霊として仕えてもらう。霊はそれぞれ6つの伝説の1つから生じており、本章の最後にまとめられている。ミーディアムは霊を降ろす際に伝説を1つ選択しなければならないが、それには適切な場所にいなければならない。自身の伝説に適した他の場所に存在していることもあるが、霊にはそれぞれ、通常住んでいる好む場所がある;そのような場所はそれぞれの伝説の“好む場所”項に記載されている。ミーディアムは24時間の間、霊毎の降霊の恩恵と下級霊力を得る。6レベルの時点でその霊の中級霊力も得る。11レベルの時点でその霊の上級霊力も得る。17レベルの時点で、その霊の最上級霊力も得る。24時間後、ミーディアムは引き入れた霊とのつながりを失い、別の降霊会を行うことができるようになる。

 ミーディアムは降霊会に仲間を参加させることもできる――共有降霊会と特定の霊力が他の参加者に適用される。ミーディアムがそのキャラクターと肉体的に触れており、故意に霊へと自分を開けている限り、キャラクターは参加者と見なされる。ミーディアムと異なり、他の参加者はこの間別の行動を行うことができる。降霊会に参加するには、【知力】が3以上なければならない。

 ミーディアムに力を与えるだけでなく、引き入れた霊はミーディアムに影響を与える。霊を降ろすことで、霊はミーディアムへの影響力を1ポイント得る。この1ポイントの影響力を失うとミーディアムは霊とのつながりを失うが、それでも直前の降霊会から24時間経過するまで、新しく降霊会を行うことはできない。霊が24時間経過以降かつ次の降霊会の前にいなくなると、ミーディアムに対する霊の影響力は0に初期化される。ミーディアムは特定の能力を使用することで、霊がさらに影響力を得る代わりに追加の能力を得る。

 霊がミーディアムへの影響力を3ポイント以上得ると、同じ肉体に2つの衝動があるために、ミーディアムは霊の意識へと溶け込んでしまう。その結果、自分の感覚が曖昧になり制御が困難になることで、イニシアチブ判定に−2のペナルティと霊の説明文に記載された特定のペナルティを受ける。しかし、霊の精神的な存在がミーディアムに憑依効果(訳注:おそらくセーヴィング・スロー)に対して+4のボーナスと、憑依効果でない[精神作用]効果に対するセーヴィング・スローに+2のボーナスを与える。

 霊がミーディアムに対する影響力を5ポイント以上得ると、ミーディアムは完全に霊の制御を失う。ミーディアムは次の日に霊がいなくなって目覚めるまで、GMの制御下にある実質的なNPCとなる。

 降霊会の際、ミーディアムは影響力を受けすぎることがないよう、より弱い霊を降ろすことを選択することができる。そうする場合、ミーディアムは最も強力な霊力から順に、いくつ霊力を使用しないかを選択する。霊力を1つ使用しないようにするたびに、ミーディアムは影響力を受けることなく霊の活性を2回まで使用することができる。

 自発的に邪悪な行いをすることは自動的に邪霊の影響力を1ポイント得る。プロテクション・フロム・イービルはフィーンドの監視者が呪文の効果を受けている間一時的に全ての例の利点を抑止する。霊が少なくとも3ポイントの影響力を得た場合、各伝説に関連するペナルティに加え、そのレベルのクレリックと同様に悪のオーラを放ち、呪文や能力(アンホーリーブライトや悪を討つ一撃)に抵抗したり恩恵を受ける目的でその属性を悪として扱う。
1:霊ボーナス+1/Spirit Bonus:チャンピオンを降ろしている間、攻撃ロール、呪文以外のダメージ・ロール、【筋力】判定、【筋力】基準の技能判定、頑健セーヴに霊ボーナスが適用される。:トリックスターを降ろしている間、【敏捷力】判定、技能判定、反応セーヴに霊ボーナスが適用される。:マーシャルを降ろしている間、【魅力】判定と【魅力】基準の技能判定、霊の活性ロールに霊ボーナスが適用される。これにより、君が【魅力】判定か【魅力】基準の技能判定に霊の活性を使用したなら、合計の出目に霊ボーナスの2倍を適用することになる。
1:降霊の恩恵/Seance Boon:全ての呪文以外のダメージ・ロールに+2のボーナスを得る。:降霊の恩恵を得る技能を1つ選択する。選択した技能を使用する際に+1のボーナスを得るとともに、この技能をクラス技能として扱う。
1: 影響力ペナルティ/Influence Penalty:君はすぐに暴力的になり、呪文や熟考ではなく武器を好む。君は【知力】判定と【知力】基準の技能判定、術者レベルに霊ボーナスに等しいペナルティを受ける(術者レベルの下限は0)。通常通り、術者レベルが減少することで、君は呪文を発動できなくなる可能性がある。君は術者レベルが上昇する効果から利益を得られない。:君は周囲の人も隠された動機を持つのではないかと疑い始める。君は他のクリーチャーが利益を得るかどうかを考慮する際、仲間として扱われない。また、呪文の同意する目標とも見なされない。誰かが距離が接触の呪文で君を目標としようとしたなら、それが利益のある呪文であっても近接接触攻撃に成功しなければならない。しかし無害な呪文に対してセーヴィング・スローを試みる必要はない。密かに欺き自分を妨害するのではないかと疑うことに忙しいため、君は他人の援護から利益をえることはない。:仲間に注意を払う時間のために、他の重要なことを見落としてしまう。君は【判断力】判定と【判断力】基準の技能判定に、霊ボーナスに等しいペナルティを受ける。加えて、名目上でも現在の仲間を任されていないのなら、君はマーシャルの霊ボーナスと降霊の恩恵を失う。
1:霊の活性1d6
2:共有降霊会
2:禁忌/Taboos:以下から一つを選択すること:秘術の呪文発動を疑う。その結果、秘術呪文や秘術の能力の同意する目標になってはならず、無害な秘術呪文や秘術の能力に対しても意志セーヴィング・スローを試みなければならない;特別に作られた武器(「我が父の+2ファルシオンなど」)以外で攻撃してはならない。この武器は禁忌を受け入れた際に選択し、素手打撃を選択することはできない;戦闘で力を示すための挑戦を受け入れなければならない。それには戦闘での挑戦も含まれる。もし自分か仲間が挑戦のルールを破ったなら、この禁忌を違反する。
:本当の正体を明かしてはならない。君の変装を誰か(仲間も含む)に見破られると、禁忌を破ったことになる;本当のことを行ってはならない;自分が寝返る原因になったとしても、より実入りの良い提案を断ってはならない。
:君も仲間も、逃げている敵は逃がさなければならない。より大きくなった敵はより良い物語を生み出すからだ(これは逃げる術を探している敵にのみ適用される。他人に警告するためやより良い場所で再戦するために逃亡するものには適用されない);後ろに仲間を残したり、他の仲間(招来したクリーチャーも含む)を犠牲にするように自分や仲間が行動してはならない;目立たない方がよい場合であっても、自分や仲間の伝説を広められる機会を逃してはならない。
3:闇との交信(超常)/Dark Communion
3レベルの時点でフィーンドの監視者は1日にクラスレベルに等しい回数、全ラウンドアクションとして邪霊に知識または力を貸すように話を持ちかけることができる。フィーンドの監視者が知識を求める場合は、これは彼のミーディアムレベルを術者レベルとして用いるコンタクト・アザー・プレーンとして用いられるが、【知力】または【魅力】判定に失敗した場合、能力値を減少させる代わりに1ポイントの影響力を得る。霊はこの能力ではアストラル界からの存在として扱う。その知識は5レベルで半神、7レベルで下級神格、13レベルで中級神格と同等となる。
フィーンドの監視者が力を求める場合、【知力】または【魅力】判定(3レベルで難易度10、7レベルで難易度12、13レベルで難易度14)に成功しない限り、霊は1ポイントの影響力を得る。結果にかかわらず、1分間の間以下の能力を得る。5レベルの時点で同時に1分間の間ミーディアムレベルに等しい一時的ヒットポイントを得る。7レベルの時点で2つの能力を得る。
闇の力:フィーンドの監視者は命中およびダメージロールとACに+1の不浄ボーナスを得る。13レベルの時点でこれらのボーナスは+2に上昇する。
フィーンドの形態:フィーンドの監視者は暗視60フィートを得る。7レベルの時点でフィーンドの翼が伸び、基本移動速度に等しい飛行速度(平均)を得る。13レベルの時点で飛行速度は基本速度の2倍に等しくなる(運動性良好)。
肉体武器:フィーンドの監視者は2つの爪と1つの噛みつき攻撃を得る。これらは主要武器でありそれぞれ1d4ポイント(中型サイズなら1d6)のダメージを与える。13レベルの時点でダメージは1d6(中型サイズなら1d8)に上昇する。
霊力:フィーンドの監視者の霊ボーナスを1上昇させる。13レベルの時点で霊ボーナスは2上昇する。
不浄なる抵抗力:フィーンドの監視者は以下のエネルギータイプの中の2つに抵抗5を得る:酸、冷気、電気、火、音波。7レベルの時点で抵抗は10に、13レベルの時点で20に上昇する。
4:霊ボーナス+2
6:霊力(中級)緊急攻撃(中級、超常)/Sudden Attack:全力攻撃アクションを行う際、君は最も高い基本攻撃ボーナスを用いて追加で攻撃を1回行う。この能力はヘイストによる追加攻撃と累積するが、連打や呪文戦闘など、追加攻撃を与える特殊攻撃とは累積しない。緊急攻撃は二刀流のような全力攻撃の選択肢を用いても通常通り機能する。: 不意討ち攻撃(中級、超常)/Surprise Strike:ACに【敏捷力】ボーナスを加えられない敵に攻撃する際、君はミーディアム・レベル3毎に追加で1d6ポイントの精密性によるダメージを与える。その日に君が目標に対して最初に行う攻撃に対して、目標は立ちすくみ状態として扱われる。この効果は直感回避のような能力の影響を受けない。最初の攻撃の後、目標は君の不意討ち攻撃による立ちすくみ状態に対して、24時間の間完全耐性を得る。: 鼓舞の呼び掛け(中級、超常)/Inspiring Call:標準アクションとして、君は君の姿を見、声を聞くことができる全ての仲間に技量ボーナスを与えることができる。この技量ボーナスはセーヴィング・スローか、攻撃ロール及びダメージ・ロールに適用され、その値は霊ボーナスに等しい。君は鼓舞の呼び掛けを使用するたびに、どちらのボーナスを与えるかを選択する。この能力は1ラウンド持続する。決定的な一打の上級霊力を使用できる場合、君は移動アクションとして鼓舞の呼び掛けを使用することができる。君が伝説のマーシャルの最上級霊力を使用できる場合、君は即行アクションとして鼓舞の呼び掛けを使用することができる。

8:霊ボーナス+3
9:鎮魂
10:霊の活性1d8
11:霊力(上級)軽快なる突撃(上級、超常)/Fleet Charge:君は即行アクションと全ラウンド・アクションを両方消費して、自分の移動速度まで移動した後に全力攻撃を行うことができる。この特殊アクションは緊急攻撃と一緒に使用することはできないが、ヘイストや二刀流といった効果は通常通り機能する。例え環境により移動の終了時に攻撃を行えない場合でも、移動を開始するとすぐ君は全ラウンド・アクションを開始したと見なされる。: 魔力転送(上級、超常)/Transfer Magic:トリックスターに影響力を1ポイント与えることで、君は標準アクションとして別のクリーチャーに近接接触攻撃を行うことができる。この攻撃が成功したなら、君はそのクリーチャーに対して影響を及ぼしている無害な呪文の内、最も高レベルの呪文1つを盗む。すなわち、元のクリーチャーに対する効果は終了し、残った持続時間の間、その効果は君に与えられる。この能力は距離が自身であったり、持続時間が瞬間あるいは永遠であったりする呪文には効果がない。 決定的な一打(上級、超常)/Decisive Strike:即行アクションとしてマーシャルに君への影響力を1ポイント与えることで、30フィート以内にいて自分の姿を見、声を聞くことのできる仲間1体に、自分のターン中に近接攻撃もしくは遠隔攻撃を1回行わせることができる。君はこの能力を標準アクションとして使用でき、そうすると代わりにその仲間は任意の標準アクションを行うことができる。

12:霊ボーナス+4
14:アストラル旅行
15:二重降霊
16:霊ボーナス+5
17:霊力(最上級)伝説のチャンピオン(最上級、超常)/Legendary Champion:君は戦闘特技を2つ選択して修得する。この特技はチャンピオンの霊を降ろすたびに別の特技を選択しても構わない。戦闘特技の前提条件やその効果を決定する際、君がミーディアム・レベルから得る基本攻撃ボーナスはミーディアム・レベルに等しくなる。加えて、2つの戦闘特技の前提条件を考慮する際、ミーディアム・レベルは基本攻撃ボーナスがクラス・レベルに等しい他のクラス1つ(ファイター、バーバリアン、スレイヤーなど)のレベルとして扱うことができる。: 伝説のトリックスター(最上級、超常)/Legendary Trickster:1日1回、技能判定をロールする代わりに、君はd20の出目を選択することができる。加えて、君は自分の姿を変更することができる。これはグレーター・ポリモーフを使用したかのように扱うが、特定の個人の姿を模倣することもできる。: 伝説のマーシャル(最上級、超常)/Legendary Marshal:君は影響力を受け入れることなく下級の霊の活性を使用することができる。君が霊の活性を修正する他の効果や能力を有していたとしても、この下級の霊の活性は最大でも1d6を加えるのみで、霊ボーナスを適用することはできない。下級の霊の活性は1ラウンドの使用回数を考慮する際、霊の活性と見なされる。しかし禁忌のような効果で得られた影響力を必要としない霊の活性の使用回数を消費しない。

18:広大なる魂
19:霊体得
20:アストラルの灯台
20:霊ボーナス+6
20:霊の活性1d10
経験点 次のレベル
 
 
呪文
設定など