編集する キャラクター一覧    Pathfinder キャラクターデータベース
タグ
危機契約 コンバート
キャラクター名
ティムナ
属性
秩序にして中立
プレイヤー名
キハム
最終更新
2020/07/12 11:11
クラス/キャラクターレベル
Soul Weaver/12 Incanter/7
信仰する神
イローリ
故郷
 
種族
ハーフエルフ
サイズ
中型
性別
 
年齢
 
身長
'" cm
体重
lb. kg
髪の色
 
瞳の色
 
肌の色
 
メモ欄
能力値18/18/18/10/10/17→種族18/18/18/10/10/19→成長能力値18/18/18/10/10/23→Divine Mandate体得ボーナス18/18/18/10/10/27 能力値1つに+2:ハーフエルフのキャラクターは彼らの多様な特質のため、作成時に選択した1つの能力値に対して+2のボーナスを得る。(魅力) 中型:ハーフエルフは中型のクリーチャーであり、サイズによるボーナスもペナルティもない。 通常速度/Normal Speed:ハーフエルフは30フィートの基本移動速度を持つ。 夜目:ハーフエルフは薄暗い明かりの状態で人間の2倍の距離まで見通すことができる。 二重の精神/Dual Minded:祖先の多様性によって精神的な攻撃に対する抵抗力を持つに至るハーフエルフもいる。この種族特性を持つハーフエルフは意志セーヴに+2のボーナスを獲得する。この種族特性は適応能力の種族特性と置き換える。 エルフの血/Elf Blood:ハーフエルフは種族に関連した全ての効果において、人間とエルフの両方として扱われる。 エルフの耐性/Elven Immunities:ハーフエルフは魔法的な睡眠効果に対する完全耐性を持ち、心術呪文と心術効果に対するセーヴィング・スローに+2の種族ボーナスを得る。 鋭き五感/Keen Senses:ハーフエルフは〈知覚〉判定に+2の種族ボーナスを得る。 多才/Multitalented:ハーフエルフは1レベルの時点で2つの適性クラスを選択し、彼らがその内のどちらかのレベルを得た場合、+1のヒット・ポイントまたは+1の技能ポイントを得る。(soul weaveとincanter ) 言語:ハーフエルフは開始時に共通語とエルフ語を修得している。高い【知力】を持つハーフエルフは自由に追加の言語(ドルイド語のような秘密の言語は除く)を選択できる。 適性クラスボーナス:Soul Weaverの祝福or障害による利益とペナルティを+1/6する(現在+2) HP+7 レベル毎の技能ランク:4+INT ヒットダイス:D6 特徴:〔危険なまでの好奇心〕魔法装置に+1の特徴ボーナス。魔法装置をクラス技能に 〔Iron-Plated Mind〕Life sphereで行う防御的発動の判定に+4の特徴ボーナス 英雄的特徴 ・肉体の化身 身体能力値がすべて18になり、13ポイントバイになる。精神の化身と同時に修得できない。 ・英雄の恩寵(魅力) 精神能力値を1つ選択し、すべてのセーヴに追加する。
能力名 能力値 能力
修正値
一時的
能力値
一時的
修正値
筋力
18
+4
 
 
敏捷力
24
+7
 
 
耐久力
24
+7
 
 
知力
10
 
 
 
判断力
10
 
 
 
魅力
33
+11
 
 
HP
ヒットポント
最大値
219.5
ダメージ減少
 
負傷/現在のヒットポイント
非致傷ダメージ
 
イニシアチブ修正値
7
=
+7
+
 
合計
【敏】
修正値
その他の
修正値
移動速度
地上
30ft./6sq.
ft./0sq.
基本移動速度 防具着用時
ft./
ft.
ft.
ft.
飛行/機動性 水泳 登攀 掘り進み
技能
クラス
技能
技能名 技能
修正値
能力
修正値
ランク クラス
技能
鎧による
判定ペナルティ
その他の
修正値
〈威圧〉
11
= 【魅】+11 +
 
+
 
+
 
+
 
〈隠密〉
6
= 【敏】+7 +
 
+
 
+
0
+
 
〈軽業〉
6
= 【敏】+7 +
 
+
 
+
0
+
 
〈鑑定〉
0
= 【知】0 +
 
+
 
+
 
+
 
〈騎乗〉
6
= 【敏】+7 +
 
+
 
+
0
+
 
〈芸能〉()
11
= 【魅】+11 +
 
+
 
+
 
+
 
〈芸能〉()
11
= 【魅】+11 +
 
+
 
+
 
+
 
〈言語学〉*
 
= 【知】0 +
 
+
 
+
 
+
 
〈交渉〉
33
= 【魅】+11 +
19
+
+3
+
 
+
 
〈呪文学〉*
22
= 【知】0 +
19
+
+3
+
 
+
 
〈職能〉()
0
= 【判】0 +
 
+
 
+
 
+
 
〈職能〉()
0
= 【判】0 +
 
+
 
+
 
+
 
〈真意看破〉
0
= 【判】0 +
 
+
 
+
 
+
 
〈水泳〉
4
= 【筋】+4 +
 
+
 
+
0
+
 
〈製作〉()
0
= 【知】0 +
 
+
 
+
 
+
 
〈製作〉()
0
= 【知】0 +
 
+
 
+
 
+
 
〈製作〉()
0
= 【知】0 +
 
+
 
+
 
+
 
〈生存〉
0
= 【判】0 +
 
+
 
+
 
+
 
〈装置無力化〉*
 
= 【敏】+7 +
 
+
 
+
0
+
 
〈脱出術〉
6
= 【敏】+7 +
 
+
 
+
0
+
 
〈知覚〉
7
= 【判】0 +
 
+
 
+
 
+
7
〈知識:貴族〉*
 
= 【知】0 +
 
+
 
+
 
+
 
〈知識:工学〉*
 
= 【知】0 +
 
+
 
+
 
+
 
〈知識:次元界〉*
 
= 【知】0 +
 
+
 
+
 
+
 
〈知識:自然〉*
 
= 【知】0 +
 
+
 
+
 
+
 
〈知識:宗教〉*
22
= 【知】0 +
19
+
+3
+
 
+
 
〈知識:神秘学〉*
 
= 【知】0 +
 
+
 
+
 
+
 
〈知識:ダンジョン探検〉*
 
= 【知】0 +
 
+
 
+
 
+
 
〈知識:地域〉*
 
= 【知】0 +
 
+
 
+
 
+
 
〈知識:地理〉*
 
= 【知】0 +
 
+
 
+
 
+
 
〈知識:歴史〉*
 
= 【知】0 +
 
+
 
+
 
+
 
〈治療〉
0
= 【判】0 +
0
+
 
+
 
+
 
〈手先の早業〉*
 
= 【敏】+7 +
 
+
 
+
0
+
 
〈登攀〉
4
= 【筋】+4 +
 
+
 
+
0
+
 
〈動物使い〉
11
= 【魅】+11 +
 
+
 
+
 
+
 
〈はったり〉
11
= 【魅】+11 +
 
+
 
+
 
+
 
〈飛行〉
6
= 【敏】+7 +
 
+
 
+
0
+
 
〈変装〉
11
= 【魅】+11 +
 
+
 
+
 
+
 
〈魔法装置使用〉*
38
= 【魅】+11 +
19
+
+3
+
 
+
5
*習得時のみ。【筋】【敏】鎧による判定ペナルティ適用
AC
アーマークラス
25
=10+
9
+
 
+
6
+
 
+
 
+
 
+
 
合計
ボーナス

ボーナス
【敏】
修正値
サイズ
修正値
外皮
ボーナス
反発
ボーナス
その他の
ボーナス
接触
アーマークラス
16
立ちすくみ
アーマークラス
 
修正等
セーヴィング・スロー 合計 基本
セーヴ
能力
修正値
魔法による
修正値
その他
修正値
一時的
修正値
頑健【耐久力】
29
=
6
+
+7
+
 
+
16
+
 
反応【敏捷力】
29
=
6
+
+7
+
 
+
16
+
 
意志【判断力】
31
=
13
+
0
+
 
+
18
+
 
     基本攻撃ボーナス     
9
  呪文抵抗  
 
戦技ボーナス
13
=
9
+
+4
+
 
合計 基本攻撃
ボーナス
【筋】
修正値
サイズ
修正値
戦技防御値
30
=
9
+
+4
+
+7
+
 
+10
合計 基本攻撃
ボーナス
【筋】
修正値
【敏】
修正値
サイズ
修正値
攻撃1 攻撃ボーナス クリティカル 重量
+4Life&Protection sphere スタッフ
 
 
5
タイプ 射程 その他・矢弾等 ダメージ
 
 
 
LifeとProtection sphereの術者レベルに+4の強化ボーナス

攻撃2 攻撃ボーナス クリティカル 重量
☆ディストラクディブ・ブラスト
13or16
 
 
タイプ 射程 その他・矢弾等 ダメージ
魔法
近接接触or近距離遠隔接触
 
9d6

攻撃3 攻撃ボーナス クリティカル 重量
エネルギー放出(Soul Weaver)
 
 
 
タイプ 射程 その他・矢弾等 ダメージ
 
14回/日
 
6d6

攻撃4 攻撃ボーナス クリティカル 重量
エネルギー放出(Incanter)
 
 
 
タイプ 射程 その他・矢弾等 ダメージ
 
14回/日
 
3d6

攻撃5 攻撃ボーナス クリティカル 重量
Nexus
 
 
 
タイプ 射程 その他・矢弾等 ダメージ
 
14個
 
 

攻撃6 攻撃ボーナス クリティカル 重量
 
 
 
 
タイプ 射程 その他・矢弾等 ダメージ
 
 
 
 

鎧・防御アイテム ACボーナス タイプ ACへの【敏】ボーナス上限 判定ペナルティ 秘術呪文失敗確率 重量 特性・その他
呪文焦点具用刺青式聖印
 
手の甲
 
 
 
 
 
+5ヘヴィフォーティフィケイション・ミスラル・チェインシャツ
9
軽装
6
0
10
17.5
 
ヘッドバンド・オヴ・アリュアリング・カリズマ+6
 
額周り
 
 
 
 
魅力+6
ベルト・オヴ・フィジカル・マイト+6
 
ベルト
 
 
 
 
敏捷・耐久+6
ブレイサーズ・オヴ・スペルスマイト
 
手首
 
 
 
 
魔法装置使用、知覚+5技量ボーナス
ネックレス・オヴ・アダプテイション
 
首回り
 
 
 
 
空気の殻で覆われ自由に呼吸可能
ブーツ・オヴ・スピード
 
両足
 
 
 
1
フリーアクションで起動。毎日最大10ラウンド、ヘイスト呪文の作用を受けているかのように行動することができる。
クイック・ランナーズ・シャツ
 
胸部
 
 
 
 
 
クローク・オヴ・レジスタンス+5
 
肩回り
 
 
 
1
 
メジャー・リング・オヴ・インナー・フォーティチュード
 
指輪
 
 
 
 
能力値ダメージまたは一時的ペナルティを4ポイント、能力値吸収を2ポイント軽減する。
合計
9
 
6
0
10
19.5
 
装備品
アイテム重量
ハンディ・ハヴァサック 5
→クレリック用具
リング・オヴ・イヴェイジョン “身かわし”能力を得る
リザレクション・スクロール オラクル7レベル 術者レベル14
ヒロイズム・スクロール×3 ソーサラー3レベル/術者レベル6/60分持続  450gp 
フォアサイト・スクロール×3 /ソーサラー9レベル/術者レベル20/200分持続 4500gp
ハイトゥンド・センス・スクロール×2/ソーサラー8レベル/術者レベル20/200分持続 4000gp
ラッキーナンバーワンド×5術者レベル1 250チャージ
グランド・ディステニー×3/ソーサラー5レベル/術者レベル20/200分持続 2500gp
呪文持続時間延長済みグレーター・ヒロイズム・スクロール×3/ソーサラー7レベル/術師レベル20/40分持続
呪文持続時間延長済みデス・ウォード・スクロール×3/オラクル5レベル/術師レベル20/40分持続
運搬重量の合計
(硬貨含)
38.5
所持金
銅貨(cp)
 
銀貨(sp)
 
金貨(gp)
450
白金貨(pp)
 
軽荷重
100
頭上に持ち上げる
=最大荷重
300
中荷重
200
地面から持ち上げる
=最大荷重x2
600
重荷重
300
押し引き
=最大荷重x5
1500
特技
1lv:《エルフの魂》
君はエルフの種族特性であるエルフの魔法を持ち、呪文抵抗を克服するために行う術者レベル判定に+2の種族ボーナスを得る。加えて、魔法のアイテムの特性を識別するための〈呪文学〉判定に+2の種族ボーナスを得る。
3lv:《戦闘発動》
5lv:《近接術者/Melee Caster》
魔法球を発動する際(またはその一部として)近接攻撃もしくは近接接触攻撃を使用する際に、その発動は機会攻撃を誘発しない。(When using a magic sphere effect as (or as part of) a melee attack or melee touch attack, the casting does not provoke an attack of opportunity.)

7lv:《抵抗破り》
9lv:《Channelling Focus》
即効アクションとしてエネルギー放出の回数を1回使用することで、あなたが正のエネルギーを放出できる場合、任意のキュア・ウーンズ呪文を、負のエネルギーを放出できる場合、キュアもしくはインフリクト・ウーンズ呪文をそれぞれ倍の威力に強化する事ができる。
この効果はそのラウンド内で唱える呪文のみ適応される。

11lv:《Channel Magic》
即効アクションとしてエネルギー放出の回数を1回使用することで、呪文の持続時間、効果範囲、ダメージのいずれかを50%増加させることができる。どれを増加させるかは呪文を唱える時に選択する。この効果はそのラウンド内で唱える呪文のみ適応される。

13lv:《選択的エネルギー放出》
14lv:インキャンターボーナス特技《蘇生時間延長/Extended Resuscitate》
あなたが行う☆キュアもしくは☆インヴィゴレイトは術者レベルの半分に等しいラウンド数で死亡したクリーチャーに効果を発揮する。
15lv:《上級抵抗破り》
16lv:インキャンターボーナス特技《呪文蓄積追加/Extra Spell Points》
SP+2
17lv:《追加HP》
19lv:《Sphere Focus》Destruction sphereのDCに+1する。


特殊能力
Soul Weaver

武器と防具の習熟:Soul Weaverはすべての単純武器に習熟している。

呪文:Soul Weaverは球と技を組み合わせて、魔法的な効果を生み出す。
全ての術者は最初に呪文発動能力を得た時に、二つのボーナスの技と一つの発動の流儀を獲得する。

Spheres of Powerで扱うマジックユーザーは、魔法系統のように分類された球を操り、例えば空間を移動する物体を操る力はTelekinesis sphereに含まれ、雨風を操作する力はWeather sphereに含まれる。さらにMagic Talentsを取得することで、その効果を洗練させる事ができる。

様々な違いはあるのものの、魔法球の能力は、精神集中を必要とし、セーヴされ、呪文抵抗を突破する必要がある。

発動の流儀/Casting Traditions
発動の流儀は短所(drawbacks)、恩恵(boons)、発動能力修正値で構成されている。短所によって呪文発動のための制限、方法を決定し、恩恵によって強化され、発動能力修正値を知力、判断力、魅力から選択する。

短所:
・焦点具発動(Focus Casting)
杖、聖印、指輪などの焦点具を使用せずに魔法を使用する場合、精神集中判定が必要となる(DC20+1/2術者レべル)。
失敗した場合、呪文は失われる・
・動作要素発動(Somatic Casting)
呪文を唱える際には少なくとも1本の手が自由でなければならず、軽装鎧より重い鎧を着用する場合、秘術呪文失敗確率を得る。

恩恵:致命的な魔法(Deathful Magic)
あなたのヒットポイントが最大値の半分以下である場合、術者レベルに+1の技量ボーナスを得る。4分の1以下である場合、このボーナスは+2に増加する。

発動能力修正値:魅力で呪文を発動する。

呪文蓄積/Spell Pool
Soul Weaverは呪文蓄積と呼ばれるエネルギーの貯蔵庫を獲得する。
この貯蔵庫にはクラスレベル+発動能力修正値(最小1)に等しい数のスペルポイント(SP)が蓄積されている。SPは8時間の休息の後、一日一回補充される
(マルチクラスをした場合、全ての術者クラスのクラスレベルを合計して計算する)


魔法の技/Magic Talents
Soul Weaverは各レベルで魔法の技を獲得する(テーブル参照)

エネルギー放出(超常)/Channel Energy
クレリックのようにエネルギー放出を獲得する。この能力を一日あたり3+魅力修正値回使用できる。
1レベル時点で正または負のエネルギーどちらを放出するか選択する。この選択は属性に縛られない。(生のエネルギー放出を選択、6d6)

生と死の達人/Master of Life and Death
Soul Weaverは1レベル時点で、ボーナス球として、生命球(Life sphere)か死球(Death sphere)のいずれかを、エネルギー放出に合わせて選択する。((Life sphereを選択)

中枢の束縛(超常)/Bound Nexus
Soul Weaverは3+発動能力修正値に等しい数の魂を保持している。この魂は呪文蓄積を回復させるたびに補充される。これらの魂はフリーアクションで、微かに光るエネルギーの欠片として見えたり、不可視の状態を切り替えることができる。

魂はSoul Weaverと同じ速度で動くか、ラウンド毎にフリーアクションで指示する事で独立して動くことができる。魂は移動アクションのみを行い、40ftの移動速度を持つ飛行クリーチャーとして振る舞い、飛行判定には常に成功する。
これらの魂はSoul Weaverと同じ次元界に投影されているだけであり、エーテルのようなものとして考え、いかなるダメージも受けない。魂はSoul Weaverの中距離内に留まらなければ、冥界に帰る。

Soul Weaverはいくつかの能力で魂のエネルギーを消費する。ネクサスの力はそれぞれ標準アクションであり、セーヴが必要な場合、DCは10+1/2,Soul Weaverレベル+発動能力修正値である。(27)
能力を使用する場合には、目標はSoul Weaverに隣接をしているか、魂を目標のマス目に移動するように指示する必要がある。

・Aid the Dead
1レベルでアンデッドクリーチャーを強化するために魂を消費することができる。
攻撃ロール、セーヴ、エネルギー放出に対する抵抗に+1の不浄ボーナスを与える。このボーナスは5レベル毎に+1される。クローチャーはレベル毎に1ポイントの一時的ヒットポイントを獲得する。これらのボーナスは一時間持続する。

・Lovelorn Soul
1レベルで負のヒットポイントにあるが、死んでいない味方を助けるために魂を消費することができる。
味方は容体安定し、一時的ヒットポイントをSoul Weaverレベル×2+発動能力修正値分得る。これは1分間持続する。

・Siphon Health
1レベルで目標はSoul Weaverレベル2につき1d6のダメージを受け(最小1d6、頑健半減)Soul Weaverは与えたダメージに等しい一時的ヒットポイントを獲得する。クリーチャーは死亡する以上のダメージを受けない。


・Curious Spirit
4レベルで祖先の魂と交信することにより、ランクを持たなくても、Soul Weaverレベル+発動能力修正値に等しい洞察ボーナスで、単一の知識判定を試みることができる。これは過去に失敗した知識判定を再判定するために使用できるが、一つの問題に対して一回しか使用できない。

もし、Soul Weaverが死後レベル毎に1日以内の死体に触れている場合、術者レベル毎に1分間その死体の魂を召喚し、話すことができる。これにより生前のすべての知識が保持されるが、質問に答える義務はない。

・Summon Spirit I
4レベルで魂を消費して、ポルターガイストを召喚することができる。クリーチャーは魂の存在するマス目もしくは隣接する最も近いマス目に召喚される。このクリーチャーは召喚されたクリーチャーとして扱い、発動能力修正値に等しいラウンドの間この次元に留まる。


・Channel Mastery
8レベルで魂を消費することで、エネルギー放出をする際にエネルギー放出特技を一つ適用することができる。Soul Weaverはこの方法で利益を得るために、全ての前提条件を満たさなければならない。

・Summon Spirit II
8レベルで魂を消費して、シャドウ1体もしくはポルターガイスト2体を召喚することができる。クリーチャーは魂の存在するマス目もしくは隣接する最も近いマス目に召喚される。複数のクリーチャーはお互いに隣接するマス目に召喚される。召喚されたクリーチャーは同族作りを行うことができない。
このクリーチャーは召喚されたクリーチャーとして扱い、発動能力修正値に等しいラウンドの間この次元に留まる。

・Divine Soul
8レベルで魂を消費することで、エネルギー放出を行う際に、エネルギー放出のダイスをd6からd10に変更することができる。

・Summon Spirit III
12レベルで魂を消費して、レイス1体もしくはシャドウ2体もしくはポルターガイスト4体を召喚することができる。その他の点はSummon Spirit IIに等しい。

・Ghostpoint
12レベルで呪文、疑似呪文能力、スフィア能力、Soul Weaverの能力を使用する際に、魂の存在するマス目に立っているかのように使用できる。もし魔法の効果が接触攻撃を必要とする場合、Soul Weaverのボーナスを使用して接触攻撃ができる。この能力は魂を使用する。


祝福/障害/Blessing/Blight (超常)
レベル2の時点で、正のエネルギー放出にを選択したSoul Weaverは目標に祝福を与えることができる。目標は一度に一つの祝福または障害の効果を受ける事ができ、お互いの効果を受けると相殺されどちらも無効となる。

祝福リスト

・祝福/Blessing
レベル2の時点でSoul Weaverは目標に接触し、エネルギー放出の回数を消費して祝福を与える事ができる。祝福は24時間持続し、全てのセーヴィングスローをに+1(適正クラスボーナスで+3)のボーナスを得る。

・癒し/Heal
Soul Weaverは既に祝福の影響下にある近距離のクリーチャーを対象に、エネルギー放出の回数を消費して、Soul Weaverレベルにつき10ポイントのHPを回復する。この能力で対象を回復すると、祝福は取り除かれる。

・修復/Restore
癒し/Heal能力を使用する際に、目標の能力値ダメージ、盲目状態、混乱状態、幻惑状態、目がくらんだ状態、聴覚喪失状態、病気、過労状態、疲労状態、(フィーブルマインドのような)知能低下状態、発狂状態、吐き気がする状態、毒、不調状態、朦朧状態を治療する。



Incanter

武器と防具の習熟:Incanterはすべての単純武器に習熟している。

呪文:Incanterは球と技を組み合わせて、魔法的な効果を生み出す。
全ての術者は最初に呪文発動能力を得た時に、二つのボーナスの技と一つの発動の流儀を獲得する。


呪文蓄積/Spell Pool
Incanterrは呪文蓄積と呼ばれるエネルギーの貯蔵庫を獲得する。
この貯蔵庫にはクラスレベル+発動能力修正値(最小1)に等しい数のスペルポイント(SP)が蓄積されている。SPは8時間の休息の後、一日一回補充される
(マルチクラスをした場合、全ての術者クラスのクラスレベルを合計して計算する)

魔法の技/Magic Talents
Incanterは各レベルで魔法の技を獲得する(テーブル参照)
また、Incanterは奇数レベルでボーナスの魔法の技を獲得する。

ボーナス特技
1、2及びその後2レベル毎に、ボーナス特技を獲得する。
この際に、追加の魔法の技特技、短所特技、プロキシ特技、およびシーアージ特技または前提条件として呪文発動能力を持つ特技のみ獲得することができる。

インキャンター開眼/Incanter Specializations
1レベル時点で、Incanterはボーナス特技を犠牲にすることで、追加の能力を得る事ができる。ボーナス特技を得る機会を減らす事で、インキャンターは開眼ポイントを5ポイントまで得る事ができる。各開眼能力を修得するためには1〜3の開眼ポイントを使用しなければならない。
これらの能力を使用する際に、Incanterレベルを有効なソーサラー・クレリック・ウィザードレベルとして使用する。
もし複数の開眼能力を得ている場合には、1レベルでは一つの開眼能力のみ使用可能となり、その後奇数レベル毎に開眼能力を得る。
どちらも一つの開眼ポイントしか消費しない二つの開眼能力は、この目的のために一つの開眼能力として数える、

開眼ポイント:2ポイント
失われるボーナス特技レベル:1、6、10、14、20

開眼能力
エネルギー放出/Channel Energy
クレリックかのようにエネルギー放出を使用することができる。
一日3+発動能力修正値分使用する事ができる。DCは判断力の代わりに発動能力値で計算する。この能力を選択した際に、正か負のエネルギー放出を決定する(正4d6)
経験点 次のレベル
 
 
呪文
呪文 術者レベル19 MSB+19 対呪文抵抗:25 MSD+30 精神集中+30 防御的発動+34 DC30 SP:32 9レベル呪文相当

Life sphere CL:23 DC32 持続時間:瞬間,1時間(インヴィゴレイト) 範囲:接触 恩恵:なし 短所:なし 呪文抵抗:あり 呪文レベル11
スフィアエフェクト
☆キュア 6d8+CL×5回復 1SP
☆インヴィゴレイト 負傷した対象のみにCL×2に等しい一時的ヒットポイントを獲得する。最大ヒットポイントを上回らない。SP消費なし
☆レストア 心、体、魂を選択し、状態異常を取り除く。1SP

Life Talent
★Ranged Healing [range]Life sphereを接触ではなく近距離の射程で実行できる。

★Mass Healing [mass]
☆キュア、☆インヴィゴレイト、☆レストアを使用する際に、追加で1SP使用することで、2術者レベルにつき1体の追加の目標を一度に選ぶことができる。目標は射程内に居る必要があり、同じ☆キュア、☆インヴィゴレイト、☆レストアを受ける必要がある。

★Restorative Cure
☆キュアもしくは☆インヴィゴレイトを一つもしくは複数の目標に使用する際に、追加で1SPを使用することで、それらの目標に☆レストアも適応することができる。

★Resuscitate
あなたが行う☆キュアもしくは☆インヴィゴレイトをを1ラウンド以内に死んだクリーチャーに発動し、回復後のヒット・ポイントが【耐久力】の負の値を上回ったなら、そのクリーチャーは復活して安定化する。回復後のヒット・ポイントが【耐久力】の負の値と同じか下回ったなら、そのクリーチャーは死亡したままである。この能力によって息を吹き返したクリーチャーは、1日の間一時的な負のレベルを1レベル得る。

★Restore Capacity (cure)
☆キュアは術者レベル毎にさらに1HPを回復する。
☆レストアの特別な用途として、状態異常を回復する代わりに、移動や身体的な動きを妨げる効果から解放することができる。これにより、目標は適応可能な状態(例として絡みつかれた状態や組みつき状態)に対して術者レベルに等し状況ボーナスを適用して、即座に脱出術判定を行える。さらに、目標は朦朧状態から回復する。これにより移動速度の低下や移動タイプの削除などの障害からも回復する。目標が麻痺効果の影響かにある場合、あなたはその効果に対してMSB判定を行い、成功した場合はその状態を取り除く。

★Restore Spirit (cure)
☆キュアは術者レベル毎にさらに1HPを回復する。
☆レストアで目標の魂を回復させると、目標はすべての能力値ダメージを治癒し、選択した一つの能力値に対する能力値吸収を回復させる。目標は一時的な不のレベルを一つ取り除くことができる。この効果は5術者レベル毎に+1される。この効果は一時的な負のレベルを回復する代わりに、術者レベル毎に1分間永続的な負のレベルを抑止することもできる。

★Restore Health (cure)
☆キュアは術者レベル毎にさらに1HPを回復する。
☆レストアで目標の体を回復させると、過労状態と吐き気がする状は軽減されるのではなく取り除かれる。 されに毒もしくは病気のDCを目標値としてMSB判定を行い、成功した場合目標から毒もしくは病気を取り除く。これによって毒もしくは病気を取り除いても、それによって与えられた能力値ダメージは治療しないが、それ以上目標を妨げることはない。

★Restore Senses (cure)
☆キュアは術者レベル毎にさらに1HPを回復する。
☆レストアで目標の精神を回復させると目標の混乱状態と幻惑状態は治療され、恐れ状態と恐慌状は軽減されるのではなく取り除かれる。同様に、一時的もしくは魔法による感覚の阻害は取り除かれる。これには盲目、聴覚喪失、疑似視覚及び非視覚的感知の喪失が含まれる。もし正気度ルールを採用している場合、1d4ポイント正気度を回復させる。

★Deeper Healing
☆インヴィゴレイは術者レベル毎に2ポイントの一時的ヒットポイントを付与する。
☆キュアはさらに+1d8と5術者レベル毎に1d8回復する。

★Greater Restore [Warden]
☆レストアを使用する際に、追加のSPを使用する事で、二つのオプションを選択して、回復する事ができる(心と体など)。レストアの特殊なオプションが使用可能な場合、それも選ぶことができる。

Destruction sphere CL19 DC31 持続時間:瞬間 範囲:近接接触もしくは射程近距離遠隔接触 恩恵:なし 短所:なし 呪文抵抗:あり 呪文レベル9

スフィアエフェクト
☆ディストラクディブ・ブラスト 10d6のダメージ。DR/魔法のみ突破可能。1SP消費で(CL)D6に変更可能
適応できるTalentsは、blast typeとblast shapeそれぞれ一つである。


Destruction Talents
★Stone Blast (blast type, stone)
☆ディストラクディブ・ブラストのダメージ種別を、斬撃、刺突、および殴打に変えることができる。
Stone Blastは呪文抵抗、スペルターニングを無視し、グローブ・オヴ・インヴァルナラビリティ、アンティマジック・フィールド、または他の形態のアンティマジックを貫通する。
さらに、ダメージ減少を突破するために呪文や魔法として扱われない。非実体クリーチャーにはダメージを与える。魔法に対してセーヴィングにボーナスを得るクリーチャーorクラスはボーナスを得る。この石は1分後に消える。

★ Explosive Orb (blast shape)
☆ディストラクディブ・ブラストを使用する際に、射程内に爆発効果を及ぼすことができる。
☆ディストラクディブ・ブラストの爆発は5フィートマス一つの範囲に作用する事ができる(反応無効)
追加で1SPを支払うことで、爆発の範囲を半径5術者レベル毎に5ft+10ftに拡大する事ができる(反応半減)



★Focused Blast
blast shapeによって形状を変更しない場合、☆ディストラクディブ・ブラストのダメージにダメージ・ダイス1つに付き+1する。

★Gather Energy
☆ディストラクディブ・ブラストの発動時間は1段階増やすことによって、SPのコストを1減少させることができる(最小0)


Protection sphere CL23 DC32 持続時間:術者レベル時間(イージス)精神集中ラウンド(ワード) 範囲:近接接触もしくは射程近距離遠隔接触 恩恵:なし 短所:なし 呪文抵抗:あり 呪文レベル11


スフィアエフェクト
☆イージス 標準アクションで目標に接触して術者レベル毎に1時間彼らにイージスを付与する。1SP

イージスの効果
◆デフレクション 目標のACに+1の反発ボーナスを与える。5術者レベル毎に+1増加する。

◆メトゥル (aegis) イージスの目標はクリティカルヒット確定ロールに対して、ACに5+術者レベルに等しいタイプ無しのボーナスを得る。

◆ミスティック・シェル (aegis) キャラクターの魔法効果を保護するイージスを作成する。ミスティックシェルはレイヤーを2+術者レベル10毎に1枚もつ(現在4枚)。レイヤーが配置されている間、キャラクターの魔法の効果がディスペルされるたびに、その効果は残り、代わりにレイヤーが失われる。それぞれのレイヤーは別の魔法効果として呪文相殺される。このレイヤーは(succor)効果のために犠牲にしてもよい。複数の術者により配置されたレイヤーは重複しない。


☆サカー (Succor)効果はあなたが作成した (aegis)を犠牲にする事で発生させることができる。割り込みアクションで、あなたが作成した任意の(aegis)を使用する事で実行できる。目標に効果線が通っている必要がある。この効果は(aegis)を帯びていたクリーチャーから発生する。
これらのタレントは視線を必要とするが、それ以外の距離による制限を受けない。

サカーの効果
◆ブルワーク (succor) 割り込みアクションとして、任意の味方の (aegis)を放逐することで、次のあなたのターン開始時まで、あなたの術者レベルに等しいDR/-のダメージ減少を与える事ができる。

☆ウォード 標準アクションで半径術者レベルあたり5ft+10ftまでの自分を中心とした区域を設定できる。
ワードは精神集中が続く限り持続するが、SPを消費する事で術者レベル毎に1ラウンド集中しなくても持続する。術者が移動してもワードは作成された場所に残る。


ウォードの効果
◆バリアー
周囲にほとんど透明な壁を作成する。バリアは視線は遮らないが、効果線を遮る。したがってバリア越しにクリーチャーを目標にすることはできるが、バリアは攻撃、移動、ブレス攻撃などを遮る。バリアが破壊されるまでの間、効果線に依存する呪文やスフィアの効果、エーテル界のクリーチャーはバリアに遮られる。バリアはオブジェクトを貫通しない。バリアが生成された時範囲上にいたクリーチャーは最も近い外側の空きマスに配置される。

バリアのHPは術者レベルの2倍となり、破壊のためのDCは15+1/2術者レベルとなる。バリアは2400+術者レベル毎に250ポンドの重量を保持できる。それを超えると破壊される。バリアがどこかで破られた場合、効果全体が終了する。

攻撃がバリア越しに目標に向けられた場合、攻撃は最初にバリアにダメージを与え、このダメージがバリアを破壊するのに十分である場合、意図した目標にダメージを与える。バリアに与えたダメージは差し引かれる。飛散武器、ファイアボール呪文またはバリアを通過しようをする爆発呪文は、バリアの端で爆発しバリア越しの目標にダメージを与えるために、バリアのHPを上回る必要がある。精神集中によってバリアを維持している場合、そのHPは毎ターン更新される。

◆クァンタム・ロック あなたは現実を変容する効果、時間を変容させる効果、テレポート、重力効果、次元を超える効果、ディストーション・ワープ・タイムスフィアの効果を抑止するウォードを作成する。このウォードが作成された時、このウォードが抑止できる各効果に対しMSB判定を行い、成功すれば抑止する。魔法のアイテムのMSDは11+術者レベルである。チェックの効果が魔法やアイテムのMSDを超えた場合、その効果は抑止され、機能しなくなる。抑止されてる時間魔法効果の持続時間にカウントされる。
一度この効果の範囲内に入った場合、このウォードで抑止できる効果を使おうとする術者はあなたのMSDに対するMSB判定を行わなければならない。その判定に失敗した場合、その効果は完全に否定される。



Protection Talents
★Mass Aegis [mass]
イージスを使用する際に、追加のSPを支払うことで、2術者レベル毎に1体のクリーチャーを目標にすることができる。各クリーチャーは同じイージスの対象でなくてはならず、射程内にいなければならない。マス・イージスを使用する場合、持続時間は術者レベル毎に10分に減少する。

★Energy Resistance (aegis, ward)
あなたが選んだエネルギー種別一つのダメージを10+術者レベル減少させるウォードを作成することができる。
また、あなた選んだエネルギー種別一つのダメージに対し、10+術者レベルの耐性を付与するイージスを付与することができる。
これらの効果はダメージを吸収するだけであり、他の作用からは保護しない。


Divination sphere DC30 持続時間:集中 範囲:中距離 恩恵:なし 短所:なし 呪文抵抗:あり 術者レベル19

あなたは占いにより情報を得る事とができる。占いを行うためには1分間の瞑想を行う必要があるが、SPを支払う事で1回の標準アクションに短縮する事ができる。占いをしている間常に精神集中状態だが、その為に全ラウンドアクションを費やさなければならない(フリーアクション以外の行動はとれない)占いに集中している間、常に立ちすくみ状態として扱われる。占いは中距離の範囲内の対象物の情報を、それが維持されている限り毎ラウンド明らかにする。占いは障壁を貫通するが、厚さ1フィートの石、厚さ1インチの一般的な金属、鉛の薄膜、厚さ3フィートの木や土はこの呪文を遮る。

スフィアエフェクト
☆ディヴァイン 魔法のオーラを占う能力を得、その強度と位置を知ることができる。アイテムや呪文の正確な呪文レベルを知る事はできないが、以下の表に従い、オーラの強さを知る事はできる。
1〜5微弱、6〜11中程度、12〜20強力、21以上圧倒的
オーラに関わる魔法の系統やスフィアを識別するために〈知識:神秘学〉判定を行なうことができる(オーラ1つごとに1回の判定を行なうこと。難易度は15+呪文レベルである。
残留オーラ:本来のオーラ源が(呪文の場合)消散したり、(魔法のアイテムの場合)破壊された後には、魔法のオーラが残留する。ディテクト・マジックを発動し、魔法のオーラが残留している場所に向けた場合、オーラの強度は“希薄”(“微弱”よりさらに弱い)であると認識される。オーラがどれだけ“希薄”レベルで残留するかは本来のオーラ源の強度による
〈呪文学〉を利用して魔法のアイテムや呪文の効果を識別する場合、ディテクト・マジックに代わり☆ディヴァインを使用する事ができる。
来訪者やエレメンタルそれ自体は魔法的なものではないが、そうしたクリーチャーが招来されたものであった場合、招来に用いられた召喚術呪文は感知される。

圧倒的なオーラ:術者が10レベル以上の術者レベルもしくはヒットダイスによる圧倒的以上のオーラを占ったり感知した時はいつでも、1ラウンドの間朦朧状態となる。

Alternate Divinations
他の基本球を使用可能な場合、それぞれのスフィアに応じた占いを行うことができる。

Alternate Divinations:Destruction
☆ディヴァイン 範囲内のクリーチャーもしくは物体がヒットポイントダメージを受けた場合、あなたは占ってもよい。加えて、どのようなタイプ、どのような量、どの方向からダメージを受けたかを知る事ができる。
ダメージの発生源が自分のディヴァインの範囲内にあるなら、その発生源がどのマス目を占めているか知ることができる。
Alternate Divinations:life
☆ディヴァイン クリーチャーの傷の状態と、もしあるならば病気について知る事ができる。表参照

Alternate Divinations:Protection
☆ディヴァイン 射程内のすべてのクリーチャーを占い、それらの中で最も低いACと最も高いACを持つクリーチャーを特定することができる。あるいはこれらのクリーチャーが持つセーヴィングスローの最高と最低を特定する事ができるが、しかしこれらの値と属性(セーヴの種類?)を特定することはできない。

☆センス 標準アクションとして、1時間/レベルの間、以下のような超常的な知覚能力を得ることができる。

★Read Magic(sense)
SPを消費して、リードマジック相当

Divination Talents
★Blindfolded Oracle (sense)
SPを消費する事で、射程近距離の非視覚的感知を自分に与える事ができる。
この能力を使うためには目を閉じる必要がある。この能力のために目を閉じたり開いたりすることは、ラウンド毎に行える1回のフリーアクションである。追加で1SPを支払う事で、この能力を疑似視覚に強化することができる。

★Sensory Overload (divine)
SPを消費する事で、☆ディヴァインを使用する際に射程内のあなたが見る事のできるクリーチャー1体を対象としてもよい。あなたが情報を得る代わりに対象はすべての感覚(及び通常持っていない感覚を一時的に付与する)を情報で飽和させることができる。
対象は一切の行動をとる事ができず、歩くことすらできず、立ちすくみ状態とみなされる。
この効果を最初に唱えたとき、およびあなたがその効果に集中し続ける各ラウンドの終了時に、その対象となったクリーチャーは、あなたの術者レベルに等しいの非致傷ダメージを受け(頑健セーヴで無効化される)、意志セーヴでこの効果を終了させようとしてもよい。精神を持たないクリーチャーは特にこの効果に弱く、セーヴに-2のペナルティを受ける。

・スペルスマイト(超常)
1日1回、呪文、Psionic Power、Maneuvers、Sphereなど、クラス表の特殊欄に含まれない能力のうち、敵にダメージを与える行動を行う際にフリー・アクションで使用する。
この効果はパラディンの悪を討つ一撃として扱われるが、対象は悪ではなく、信仰呪文・念術呪文の使い手に限定される。これには疑似呪文能力も含まれる。
また、攻撃ロールと反発ボーナスは、自身の呪文やそれに類する能力に使用される能力値を使い(例えばウィザードなら知力修正値)、ダメージの算出には、該当の術者レベル(initiator levelなども含まれる)を用いる。
この能力は、攻撃ロールが含まれない能力(ファイアー・ボール等)には使用できない。

この能力は術者レベルが10の時と20の時に使用回数が1回ずつ増える。
設定など