編集する キャラクター一覧    Pathfinder キャラクターデータベース
タグ
葉影
キャラクター名
ラクス・ショウ
属性
秩序にして中立
プレイヤー名
葉影@紅茶党
最終更新
2020/12/28 21:10
クラス/キャラクターレベル
キネティシスト(操元の破壊者)レベル8
信仰する神
 
故郷
 
種族
オレイアス
サイズ
中型
性別
 
年齢
 
身長
'" cm
体重
lb. kg
髪の色
 
瞳の色
 
肌の色
 
メモ欄
オレイアス:筋力+2、判断+2、魅力-2 HP:10*8=80 技能ランク:2*8+8=24 適正クラス:技能ランク*8 能力値成長:2回(耐久力+2) 言語:共通語、地界語
能力名 能力値 能力
修正値
一時的
能力値
一時的
修正値
筋力
9
-1
 
 
敏捷力
18
+4
 
 
耐久力
20
+5
 
 
知力
7
-2
 
 
判断力
16
+3
 
 
魅力
5
-3
 
 
HP
ヒットポント
最大値
80
ダメージ減少
4/アダマンティン
負傷/現在のヒットポイント
非致傷ダメージ
 
イニシアチブ修正値
4
=
+4
+
 
合計
【敏】
修正値
その他の
修正値
移動速度
地上
20ft./4sq.
20ft./4sq.
基本移動速度 防具着用時
ft./
ft.
ft.
ft.
飛行/機動性 水泳 登攀 掘り進み
技能
クラス
技能
技能名 技能
修正値
能力
修正値
ランク クラス
技能
鎧による
判定ペナルティ
その他の
修正値
〈威圧〉
1
= 【魅】-3 +
1
+
+3
+
 
+
 
〈隠密〉
8
= 【敏】+4 +
3
+
+3
+
-2
+
 
〈軽業〉
8
= 【敏】+4 +
3
+
+3
+
-2
+
 
〈鑑定〉
-2
= 【知】-2 +
 
+
 
+
 
+
 
〈騎乗〉
1
= 【敏】+4 +
 
+
 
+
-2
+
 
〈芸能〉()
-3
= 【魅】-3 +
 
+
 
+
 
+
 
〈芸能〉()
-3
= 【魅】-3 +
 
+
 
+
 
+
 
〈言語学〉*
 
= 【知】-2 +
 
+
 
+
 
+
 
〈交渉〉
-3
= 【魅】-3 +
 
+
 
+
 
+
 
〈呪文学〉*
 
= 【知】-2 +
 
+
 
+
 
+
 
〈職能〉()
3
= 【判】+3 +
 
+
 
+
 
+
 
〈職能〉()
3
= 【判】+3 +
 
+
 
+
 
+
 
〈真意看破〉
3
= 【判】+3 +
 
+
 
+
 
+
 
〈水泳〉
0
= 【筋】-1 +
3
+
 
+
-2
+
 
〈製作〉()
-2
= 【知】-2 +
 
+
 
+
 
+
 
〈製作〉()
-2
= 【知】-2 +
 
+
 
+
 
+
 
〈製作〉()
-2
= 【知】-2 +
 
+
 
+
 
+
 
〈生存〉
6
= 【判】+3 +
3
+
 
+
 
+
 
〈装置無力化〉*
 
= 【敏】+4 +
 
+
 
+
-2
+
 
〈脱出術〉
3
= 【敏】+4 +
1
+
 
+
-2
+
 
〈知覚〉
11
= 【判】+3 +
5
+
+3
+
 
+
 
〈知識:貴族〉*
 
= 【知】-2 +
 
+
 
+
 
+
 
〈知識:工学〉*
 
= 【知】-2 +
 
+
 
+
 
+
 
〈知識:次元界〉*
 
= 【知】-2 +
 
+
 
+
 
+
 
〈知識:自然〉*
 
= 【知】-2 +
 
+
 
+
 
+
 
〈知識:宗教〉*
 
= 【知】-2 +
 
+
 
+
 
+
 
〈知識:神秘学〉*
 
= 【知】-2 +
 
+
 
+
 
+
 
〈知識:ダンジョン探検〉*
2
= 【知】-2 +
1
+
+3
+
 
+
 
〈知識:地域〉*
 
= 【知】-2 +
 
+
 
+
 
+
 
〈知識:地理〉*
 
= 【知】-2 +
 
+
 
+
 
+
 
〈知識:歴史〉*
 
= 【知】-2 +
 
+
 
+
 
+
 
〈治療〉
7
= 【判】+3 +
1
+
+3
+
 
+
 
〈手先の早業〉*
 
= 【敏】+4 +
 
+
 
+
-2
+
 
〈登攀〉
3
= 【筋】-1 +
3
+
+3
+
-2
+
 
〈動物使い〉
-3
= 【魅】-3 +
 
+
 
+
 
+
 
〈はったり〉
-3
= 【魅】-3 +
 
+
 
+
 
+
 
〈飛行〉
1
= 【敏】+4 +
 
+
 
+
-2
+
 
〈変装〉
-3
= 【魅】-3 +
 
+
 
+
 
+
 
〈魔法装置使用〉*
 
= 【魅】-3 +
 
+
 
+
 
+
 
*習得時のみ。【筋】【敏】鎧による判定ペナルティ適用
AC
アーマークラス
23
=10+
8
+
 
+
+4
+
 
+
1
+
 
+
 
合計
ボーナス

ボーナス
【敏】
修正値
サイズ
修正値
外皮
ボーナス
反発
ボーナス
その他の
ボーナス
接触
アーマークラス
14
立ちすくみ
アーマークラス
 
修正等
セーヴィング・スロー 合計 基本
セーヴ
能力
修正値
魔法による
修正値
その他
修正値
一時的
修正値
頑健【耐久力】
13
=
6
+
+5
+
 
+
2
+
 
反応【敏捷力】
12
=
6
+
+4
+
 
+
2
+
 
意志【判断力】
7
=
2
+
+3
+
 
+
2
+
 
     基本攻撃ボーナス     
6
  呪文抵抗  
 
戦技ボーナス
5
=
6
+
-1
+
 
合計 基本攻撃
ボーナス
【筋】
修正値
サイズ
修正値
戦技防御値
19
=
6
+
-1
+
+4
+
 
+10
合計 基本攻撃
ボーナス
【筋】
修正値
【敏】
修正値
サイズ
修正値
攻撃1 攻撃ボーナス クリティカル 重量
デヴァステーティング・インフュージョン・アースブラスト
+14(+1)/+9+(+1)
20/×2
0
タイプ 射程 その他・矢弾等 ダメージ
殴打・刺突・斬撃
0〜30(120)
 
1D8+5+2+1(+1)

攻撃2 攻撃ボーナス クリティカル 重量
アースブラスト
+12(+1)
20/*2
0
タイプ 射程 その他・矢弾等 ダメージ
 
0〜30(120)
 
4d6+6+5

攻撃3 攻撃ボーナス クリティカル 重量
メタルブラスト
+12(+1)
20/*2
0
タイプ 射程 その他・矢弾等 ダメージ
 
0〜30(120)
燃焼コスト2
8d6+8+5

攻撃4 攻撃ボーナス クリティカル 重量
 
 
 
 
タイプ 射程 その他・矢弾等 ダメージ
 
 
 
 

攻撃5 攻撃ボーナス クリティカル 重量
 
 
 
 
タイプ 射程 その他・矢弾等 ダメージ
 
 
 
 

攻撃6 攻撃ボーナス クリティカル 重量
 
 
 
 
タイプ 射程 その他・矢弾等 ダメージ
 
 
 
 

鎧・防御アイテム ACボーナス タイプ ACへの【敏】ボーナス上限 判定ペナルティ 秘術呪文失敗確率 重量 特性・その他
エルヴンチェイン+2(9150)
8
軽装鎧
4
-2
20
20
 
ベルト・オヴ・インクレディブル・デクスタリティ+2(4000)
 
ベルト
 
 
 
1
 
レッサータリスマンオブフリーダム(900)
 
首回り
 
 
 
 
 
レッサータリスマンオブデインジャーセンス(750)
 
首回り
 
 
 
 
 
レッサータリスマンオブグッドフォーチュン(1680)
 
首回り
 
 
 
 
 
ブーツオブスピード(12000)
 
両足
 
 
 
1
毎日最大10Rヘイスト
クロークオブレジスタンス+2(4000gp)
 
肩周り
 
 
 
1
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
合計
8
 
4
-2
20
23
 
装備品
アイテム重量
運搬重量の合計
(硬貨含)
33.4
所持金
銅貨(cp)
 
銀貨(sp)
 
金貨(gp)
520
白金貨(pp)
 
軽荷重
30
頭上に持ち上げる
=最大荷重
90
中荷重
60
地面から持ち上げる
=最大荷重x2
180
重荷重
90
押し引き
=最大荷重x5
450
特技
《近距離射撃》レベル1
 30ft以内の対象へは命中+1・ダメージ+1

《精密射撃》レベル2ボーナス
 近接戦闘中の対象に対するペナルティをうけない

《武器の妙技》レベル3
 軽い武器なら敏捷で命中ロール

《武器熟練:念動力爆発》レベル5
 命中+1

《速射》レベル7
命中-2して、追加攻撃+1

《武器開眼:念動力爆発》レベル8ボーナス
 与えるダメージ+2
特殊能力
オレイアス

原住の来訪者:オレイアスは(原住)の副種別を持つ来訪者である。

暗視:オレイアスは最大60フィートまでの暗闇を見通せる。

不実な地/Treacherous Earth:1日1回、この種族特性を持つオレイアスは地面をごろごろと音を立てて変化させ、半径10フィートの地面を手入れされていない岩や砂に変え移動困難な地形とすることができる。オレイアスはこの範囲の中心に接触しなければならない。この効果はオレイアスのレベルごとに1分間持続し、その後通常の地面に戻る。この種族特性は擬似呪文能力種族特性と置き換える。

岩の肌/Granite Skin:この種族特性を持つオレイアスの肌には、成長した岩が覆っている。彼らは外皮に+1の種族ボーナスを得る。この種族特性はエネルギーに対する抵抗を置き換える。

水晶の身体/Crystalline Form:この種族特性を持つオレイアスは、光を反射する水晶の肌のお陰で、光線に対するアーマー・クラスに+2の種族ボーナスを得る。さらに1日1回、《矢止め》特技を使用したかのように、自身を目標にした光線攻撃1つを弾くことができる。この種族特性は地への親和性と置き換える。


操元の破壊者

デヴァステーティング・インフュージョン(超常)/Devastating Infusion:1レベルの時点で、操元の破壊者は攻撃アクションとして、念動力爆発を30フィート以内にいる目標に放つか、キネティック・ブレードを使用したかのように近接攻撃として放つかすることができるようになる。この攻撃において、操元の破壊者のキネティシスト・レベルによる基本攻撃ボーナスはキネティシスト・レベルに等しい。デヴァステーティング・インフュージョンは常に1d8+操元の破壊者【耐久力】修正値に等しいダメージを与える。これは操元の破壊者のクラス・レベルや合成爆発の使用によって変化しない。デヴァステーティング・インフュージョンを使用して近接攻撃を行う際、操元の破壊者は機会攻撃を誘発しない。両手で攻撃を行う場合、その攻撃のダメージは1d8+【耐久力】修正値の1.5倍に等しくなる。これは1レベルの形質注入であり、燃焼コストは0、任意の物理爆発に適用することができる(エネルギー爆発には適用できない)。キネティック・ブレードとは異なり、操元の破壊者はデヴァステーティング・インフュージョンに《渾身の一打》を使用することができる。元素飽和によるダメージ・ボーナスは、デヴァステーティング・インフュージョンのダメージ・ロールには適用されない。この能力は1レベルの注入と、選択した元素から通常与えられる基本汎用元力を置き換える。

多様性の欠落(変則)/Dampened Versatility:操元の破壊者は汎用元力を獲得しない。

ボーナス特技/Bonus Feat:2レベルの時点で、操元の破壊者は以下の一覧からボーナス特技を得る。《強打》、《近距離射撃》、《精密射撃》、《速射》、《致命的な狙い》、《二重斬り》、《二刀流》、《武器熟練》、《武器の妙技》。《速射》と《二刀流》は破滅連打(後述)を有している場合のみ、念動力爆発に使用することができる。8レベル、10レベル、14レベル、18レベルの時点で、操元の破壊者は追加でボーナス特技を1つ得る。8レベルの時点で、《二刀流強化》と《武器開眼》も一覧に追加される。10レベルの時点で、《クリティカル強化》、《上級武器熟練》、《精密射撃強化》、《二刀のかきむしり》も一覧に追加される。操元の破壊者はこれらの特技をボーナス特技として修得する際、これらの前提条件を満たす必要はない。この能力は2レベル、8レベル、10レベル、14レベル、18レベルの時点で得られる汎用元力を置き換える。

有効距離増加(超常)/Increased Range:3レベルの時点で、操元の破壊者はエクステンデッド・レンジの注入を得る。9レベルの時点で、操元の破壊者はエクストリーム・レンジの注入を得る。この能力は3レベルと9レベルの時点で得られる注入を置き換える。

常なる脅威(超常)/Ever-Present Threat:4レベルの時点で、操元の破壊者は生来の間合いの中にいる全ての敵を機会攻撃範囲に収める。操元の破壊者の機会攻撃が誘発されると、近接攻撃版のデヴァステーティング・インフュージョンを作り出して攻撃を行うことができる。この武器は攻撃が終了後に消滅する。この能力は4レベルの時点で得られる汎用元力を置き換える。

念動力爆発訓練(変則)/Blast Training:5レベルの時点で、操元の破壊者はデヴァステーティング・インフュージョンの形質注入による攻撃ロールとダメージ・ロールに+1のボーナスを得る。このボーナスは9レベルの時点と、以降4レベルごとに1ずつ増加する。この能力は5レベルの時点で得られる注入を置き換える。

フラリー・オヴ・デヴァステーション(超常)/Flurry of Devastation:6レベルの時点で、操元の破壊者は全力攻撃アクションとして、120フィート以内にいる目標に対して、デヴァステーティング・インフュージョンにおける攻撃回数を全て行うことができるようになる。それぞれの攻撃がデヴァステーティング・インフュージョンとしてダメージを与える。これは3レベルの形質注入であり、燃焼コストは1、デヴァステーティング・インフュージョンと同じ念動力爆発に提供することができる。《速射》やヘイストのように追加の攻撃を与える能力は、この全力攻撃に通常通り適用される。フラリー・オヴ・デヴァステーションで近接攻撃のみを行う場合、(キネティック・ブレード元力とは異なり)《二刀流》特技を使用することができる。しかし、遠隔攻撃のデヴァステーティング・インフュージョンには《二刀流》特技を使用することができない。《二刀流》における利き手でない手での攻撃において、操元の破壊者はダメージに【耐久力】修正値の半分(《二重斬り》を修得している場合は【耐久力】修正値そのまま)を加える。フラリー・オヴ・デヴァステーションを用いて通常通り近接攻撃と遠隔攻撃を組み合わせることもできるが、そのとき《二刀流》を使用することはできない。フラリー・オヴ・デヴァステーションと同時に念動力爆発修正及び本質注入を使用することはできない。この能力は6レベル、12レベル、16レベルの時点で得られる汎用元力を置き換える。

元素熟練(超常)/Elemental Focus:
主要:地 拡張:地

念動力爆発(擬呪)/Kinetic

注入(超常)/Infusion:1レベル



燃焼(変則)/Burn:1レベルの時点で、キネティシストは自分の力を通常以上に引き出すことができるようになる。ただしそれは、自分の身体の耐えうる限界を超えたもので、身体が燃えることを受け入れなければならない。
元力の中にはより効果を高めるために燃焼することができるものもあるが、その能力を使用するために特定の燃焼を受け入れなければならないものもある。

受け入れた燃焼ポイントごとに、キネティシストはキャラクター・レベル毎に1ポイントの非致傷ダメージを受ける。

このダメージは一晩完全に休息することを除き、いかなる方法でも治療することができない。

一晩休息すると、燃焼全てとそれに関連した非致傷ダメージ全てが回復する。
燃焼による非致傷ダメージを減少させたり別の人に受け持たせることはできないし、自分の限界を超えた非致傷ダメージを受け入れることもできない。

キネティシストは1ラウンドに1燃焼ポイントしか受け入れることができない。この限界は6レベルの時点で2燃焼ポイントに上昇し、以降3レベル毎に追加で1ポイントずつ上昇する。

キネティシストが受け入れることのできる燃焼ポイントは、合計で3+【耐久力】修正値までである(ただし、自分の制御外の要素から燃焼を強制させられる可能性はある)。

燃焼を受け入れたキネティシストは非致傷ダメージを無効化したり効果を変更する能力から、一切の利益を得られない。

元素防御(超常)
Flesh of Stone

元素飽和(変則)/Elemental Overflow:3レベルの時点で、燃焼ポイントを保持している間、キネティシストの身体は選択した元素のエネルギーに満ちあふれ、炎による後光で輝き、毛穴から水が染み出るといった何らかの効果を具現化するようになる。
加えて、キネティシストは念動力爆発の攻撃ロールに、現在自分が所持している燃焼ポイントの合計に等しいボーナスを得る(最大でキネティシスト・レベル3毎に+1)。
さらにキネティシストは念動力爆発のダメージ・ロールに攻撃ロールに対するボーナスの2倍に等しいボーナスを得る。
キネティシストは1全ラウンドの間精神集中を行うことで、元素飽和の視覚的効果を抑制することができる。
しかしそのようにすると、この能力の他の利益も全て抑制される。
キネティシストが次に元力を使用すると、視覚効果と利益は即座に元に戻る。

その肉体が元素でさらに満たされるにつれて、キネティシストはさらに強力な利益を得るようになる。6レベル以降、最低でも3燃焼ポイントを持つならば、キネティシストは自分が選択した肉体能力値(【筋】、【敏】、【耐】)のいずれか2つに+2のサイズ・ボーナスを得る。
加えて、キネティシストはクリティカル・ヒットと急所攻撃を5%×現在の燃焼ポイントの確率で無効化する能力を得る。
11レベルの時点で、最低でも5燃焼ポイントを持つならば、キネティシストは自分が選択した肉体能力値1つに+4のサイズ・ボーナスを、それ以外の2つの肉体能力値に+2のサイズ・ボーナスを得るようになる。
16レベルの時点で、最低でも7燃焼ポイントを持つならば、キネティシストは自分が選択した肉体能力値1つに+6のサイズ・ボーナスを、それ以外の中から選択した肉体能力値1つに+4のサイズ・ボーナスを、残りの肉体能力値1つに+2のサイズ・ボーナスを得るようになる。

注入開眼(変則)/Infusion Specialization:5レベルの時点で、念動力爆発に1つ以上の注入を使用する際、キネティシストは注入の合計燃焼コストを1だけ減少させる。
これによって注入の合計コストが0を下回ることはない。8レベル、11レベル、14レベル、17レベル、20レベルの時点で、燃焼コストは追加で1ずつ減少する。

念動力修正(超常)/Metakinesis:5レベルの時点で、キネティシストは念動力爆発を修正する能力を得る。
これは燃焼を受け入れることで作用する、呪文修正特技のように機能する。キネティシストは燃焼を1ポイント受け入れることで、(《呪文威力強化》のように)念動力爆発を威力強化することができる。
9レベルの時点で、キネティシストは燃焼を2ポイント受け入れることで、(《呪文威力最大化》のように)念動力爆発を威力最大化することができる。
13レベルの時点で、キネティシストは燃焼を3ポイント受け入れることで、(《呪文高速化》のように)念動力爆発を高速化することができる。
17レベルの時点で、キネティシストは燃焼を4ポイント受け入れることで、1回の標準アクションで念動力爆発を2回使用する(二重化)ことができる(同時に高速化の念動力修正を行うなら、即行アクションとなる)。
二重化念動力爆発を使用する際、全ての修正(念動力修正や注入など)は両方の念動力爆発に適用されるが、キネティシストは燃焼コストを1回分しか消費しなくてよい。

内部緩衝(超常)/Internal Buffer:6レベルの時点で、キネティシストは自分の身体と元素熟練について研究を深め、追加エネルギーを蓄積する内部緩衝を作り出すことができるようになる。
内部緩衝は最初は空っぽで毎日回復するわけではないが、キネティシストは全ラウンド・アクションとして燃焼を1ポイント受け入れることで、内部緩衝に1ポイントを加えることができる。
内部緩衝の上限は合計1ポイントである。
この上限は11レベルの時点で2ポイント、
16レベルの時点で3ポイントとなる。
キネティシストが内部緩衝にポイントを加えると、消費するまでいつまでも保持される。
その他の燃焼を受け入れる際、キネティシストは内部緩衝から1ポイントを消費することで、燃焼1ポイントを受け入れずに済む。
このように内部緩衝を消費することができるのは、元力1つ毎に1ポイントまでである。
内部緩衝から消費されたポイントは元素飽和を起動することも、その効果を追加することもない。
同様に、内部緩衝はキネティシストが1ターンに受け入れることのできる燃焼ポイントの上限を超えるために使用することができる。

拡張元素(超常)/Expanded Element:レベル7

拡張元素が元々有している元素と同じ場合、キネティシストはその元素から汎用元力か注入のいずれかを追加で1つ得る。これは、注入クラス特徴や元力クラス特徴から得られたように、前提条件を満たすものから選択する。
経験点 次のレベル
 
 
呪文
特に記載がない限り、元力に対するセーヴィング・スローの難易度は10+元力の有効呪文レベル+キネティシストの【耐久力】修正値に等しい。

元力における精神集中判定を行う際、常にキネティシストは自分の【耐久力】修正値を用いる。

念動力爆発と防御元力は常に、キネティシスト・レベルの半分に等しい有効呪文レベルを持つものと見なされる

受け入れられる燃焼P:8
1ラウンドに2P受け入れることができる

単純爆発
Earth Blast/地の爆発
元素 地; 種別 単純爆発(擬呪); レベル ―; 燃焼 0
射程30ftの遠隔攻撃
ダメージ:4d6+4+5
爆発種別 物理; ダメージ 殴打、刺突、斬撃のいずれか

使用者は大地を固めたり鋭い破片に変えたりして、敵1体に飛ばす。

合成爆発
Metal Blast/金属の爆発
元素 地; 種別 合成爆発(擬呪); レベル ―; 燃焼 2
前提条件 主要元素:地、拡張元素:地
爆発種別 物理; ダメージ 殴打、刺突、または斬撃
ダメージ:8d6+8+5

使用者は金属を砕き、とがった破片や刃に変え、敵に投げつける。

元素防御(超常)/Elemental Defense:
Flesh of Stone/石の肉体
元素 地; 種別 防御(超常); レベル ―; 燃焼 0

使用者の肌は石のように固くなり、ほとんどの攻撃の衝撃を妨げる。使用者はダメージ減少1/アダマンティンを得る。
このダメージ減少は2レベルを超えるキネティシスト・レベル2毎に1だけ増加する。

レベル8:ダメージ減少4/アダマンティン

使用者が燃焼を1ポイント受け入れるたび、このダメージ減少は1だけ増加する。
この増加は、次に燃焼が失われるまで持続する。
ダメージ減少の最大値はキネティシスト・レベルに等しい。
使用者が地の元力を使用する際に燃焼を受け入れるたび、使用者の体内のエネルギーが活性化し、ダメージ減少は1ラウンドの間ダメージ減少/アダマンティンからダメージ減少/―に変化する。
使用者は割り込みアクションにより、この効果を抑止したり再開したりすることができる。

注入
注入開眼:合計燃焼コスト-2(0にはならない)

・デヴァステーティング・インフュージョン(超常)
 1レベル、形質注入
 燃焼コスト0
 任意の物理爆発に適用
 30ft以内の敵に放つか
 キネティックブレードを使用したかのように近接攻撃
 

・エクステンデッド・レンジ
 1レベル、燃焼コスト1
 種別 形態注入
 120フィート以内の敵に攻撃できるようになる

・フラリー・オブ・デヴァステーション
 3レベル、燃焼コスト1
 全力攻撃アクションでデヴァステーティングインフューションできる。

・Impale/突き刺し(拡張元素による追加)
元素 地または水; 種別 形態注入; レベル 3; 燃焼 2
対象爆発 アース、アイス、メタル
セーヴィング・スロー 不可

使用者は直線状に元素でできた長く鋭いトゲを伸ばし、複数の敵を突き刺す。
30フィートの直線状の範囲にいるクリーチャーそれぞれと物体に対し、1回だけ攻撃ロールを行う。
まず、最も近くの目標から命中したかどうかを判定する。
この攻撃がクリティカル可能域をロールしたなら、クリティカル・ロールは最初の目標に対してのみ行うこと。
それぞれの目標に対してダメージを決定する際、最も近くのものから行うこと。
攻撃が目標に命中したが、物理ダメージを与えることに失敗したなら、トゲは貫通に失敗し、爆発はそれ以上後ろへは続かない。
インペールの注入を与えた念動力爆発は固い障壁を貫通することができるが、その先に攻撃を続けるには障壁を破壊出来るだけのダメージを与えなければならない。
注入されたアース・ブラストやメタル・ブラストは、必ず刺突ダメージを与える。
設定など