編集する キャラクター一覧    Pathfinder キャラクターデータベース
タグ
DoD
キャラクター名
未完成
属性
秩序にして善
プレイヤー名
さつま
最終更新
 
クラス/キャラクターレベル
クレリック経典主義者3
信仰する神
シェーリン
故郷
 
種族
アアシマール
サイズ
中型
性別
 
年齢
 
身長
'" cm
体重
lb. kg
髪の色
金色
瞳の色
金色
肌の色
褐色
メモ欄
 
能力名 能力値 能力
修正値
一時的
能力値
一時的
修正値
筋力
 
 
 
 
敏捷力
 
 
 
 
耐久力
 
 
 
 
知力
 
 
 
 
判断力
 
 
 
 
魅力
 
 
 
 
HP
ヒットポント
最大値
 
ダメージ減少
 
負傷/現在のヒットポイント
非致傷ダメージ
 
イニシアチブ修正値
 
=
 
+
 
合計
【敏】
修正値
その他の
修正値
移動速度
地上
ft./0sq.
ft./0sq.
基本移動速度 防具着用時
ft./
ft.
ft.
ft.
飛行/機動性 水泳 登攀 掘り進み
技能
クラス
技能
技能名 技能
修正値
能力
修正値
ランク クラス
技能
鎧による
判定ペナルティ
その他の
修正値
〈威圧〉
 
= 【魅】 +
 
+
 
+
 
+
 
〈隠密〉
 
= 【敏】 +
 
+
 
+
 
+
 
〈軽業〉
 
= 【敏】 +
 
+
 
+
 
+
 
〈鑑定〉
 
= 【知】 +
 
+
 
+
 
+
 
〈騎乗〉
 
= 【敏】 +
 
+
 
+
 
+
 
〈芸能〉()
 
= 【魅】 +
 
+
 
+
 
+
 
〈芸能〉()
 
= 【魅】 +
 
+
 
+
 
+
 
〈言語学〉*
 
= 【知】 +
 
+
 
+
 
+
 
〈交渉〉
 
= 【魅】 +
 
+
 
+
 
+
 
〈呪文学〉*
 
= 【知】 +
 
+
 
+
 
+
 
〈職能〉()
 
= 【判】 +
 
+
 
+
 
+
 
〈職能〉()
 
= 【判】 +
 
+
 
+
 
+
 
〈真意看破〉
 
= 【判】 +
 
+
 
+
 
+
 
〈水泳〉
 
= 【筋】 +
 
+
 
+
 
+
 
〈製作〉()
 
= 【知】 +
 
+
 
+
 
+
 
〈製作〉()
 
= 【知】 +
 
+
 
+
 
+
 
〈製作〉()
 
= 【知】 +
 
+
 
+
 
+
 
〈生存〉
 
= 【判】 +
 
+
 
+
 
+
 
〈装置無力化〉*
 
= 【敏】 +
 
+
 
+
 
+
 
〈脱出術〉
 
= 【敏】 +
 
+
 
+
 
+
 
〈知覚〉
 
= 【判】 +
 
+
 
+
 
+
 
〈知識:貴族〉*
 
= 【知】 +
 
+
 
+
 
+
 
〈知識:工学〉*
 
= 【知】 +
 
+
 
+
 
+
 
〈知識:次元界〉*
 
= 【知】 +
 
+
 
+
 
+
 
〈知識:自然〉*
 
= 【知】 +
 
+
 
+
 
+
 
〈知識:宗教〉*
 
= 【知】 +
 
+
 
+
 
+
 
〈知識:神秘学〉*
 
= 【知】 +
 
+
 
+
 
+
 
〈知識:ダンジョン探検〉*
 
= 【知】 +
 
+
 
+
 
+
 
〈知識:地域〉*
 
= 【知】 +
 
+
 
+
 
+
 
〈知識:地理〉*
 
= 【知】 +
 
+
 
+
 
+
 
〈知識:歴史〉*
 
= 【知】 +
 
+
 
+
 
+
 
〈治療〉
 
= 【判】 +
 
+
 
+
 
+
 
〈手先の早業〉*
 
= 【敏】 +
 
+
 
+
 
+
 
〈登攀〉
 
= 【筋】 +
 
+
 
+
 
+
 
〈動物使い〉
 
= 【魅】 +
 
+
 
+
 
+
 
〈はったり〉
 
= 【魅】 +
 
+
 
+
 
+
 
〈飛行〉
 
= 【敏】 +
 
+
 
+
 
+
 
〈変装〉
 
= 【魅】 +
 
+
 
+
 
+
 
〈魔法装置使用〉*
 
= 【魅】 +
 
+
 
+
 
+
 
*習得時のみ。【筋】【敏】鎧による判定ペナルティ適用
AC
アーマークラス
 
=10+
 
+
 
+
 
+
 
+
 
+
 
+
 
合計
ボーナス

ボーナス
【敏】
修正値
サイズ
修正値
外皮
ボーナス
反発
ボーナス
その他の
ボーナス
接触
アーマークラス
 
立ちすくみ
アーマークラス
 
修正等
セーヴィング・スロー 合計 基本
セーヴ
能力
修正値
魔法による
修正値
その他
修正値
一時的
修正値
頑健【耐久力】
 
=
 
+
 
+
 
+
 
+
 
反応【敏捷力】
 
=
 
+
 
+
 
+
 
+
 
意志【判断力】
 
=
 
+
 
+
 
+
 
+
 
     基本攻撃ボーナス     
 
  呪文抵抗  
 
戦技ボーナス
 
=
 
+
 
+
 
合計 基本攻撃
ボーナス
【筋】
修正値
サイズ
修正値
戦技防御値
 
=
 
+
 
+
 
+
 
+10
合計 基本攻撃
ボーナス
【筋】
修正値
【敏】
修正値
サイズ
修正値
攻撃1 攻撃ボーナス クリティカル 重量
 
 
 
 
タイプ 射程 その他・矢弾等 ダメージ
 
 
 
 

攻撃2 攻撃ボーナス クリティカル 重量
 
 
 
 
タイプ 射程 その他・矢弾等 ダメージ
 
 
 
 

攻撃3 攻撃ボーナス クリティカル 重量
 
 
 
 
タイプ 射程 その他・矢弾等 ダメージ
 
 
 
 

攻撃4 攻撃ボーナス クリティカル 重量
 
 
 
 
タイプ 射程 その他・矢弾等 ダメージ
 
 
 
 

攻撃5 攻撃ボーナス クリティカル 重量
 
 
 
 
タイプ 射程 その他・矢弾等 ダメージ
 
 
 
 

攻撃6 攻撃ボーナス クリティカル 重量
 
 
 
 
タイプ 射程 その他・矢弾等 ダメージ
 
 
 
 

鎧・防御アイテム ACボーナス タイプ ACへの【敏】ボーナス上限 判定ペナルティ 秘術呪文失敗確率 重量 特性・その他
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
合計
 
 
 
 
 
 
 
装備品
アイテム重量
運搬重量の合計
(硬貨含)
 
所持金
銅貨(cp)
 
銀貨(sp)
 
金貨(gp)
 
白金貨(pp)
 
軽荷重
 
頭上に持ち上げる
=最大荷重
 
中荷重
 
地面から持ち上げる
=最大荷重x2
 
重荷重
 
押し引き
=最大荷重x5
 
特技
特殊能力
+2【判断力】、+2【魅力】:アアシマールは洞察力があり、自信に満ち、魅力的だ。

原住の来訪者:アアシマールは(原住)の副種別を持つ来訪者である。

中型:アアシマールは中型クリーチャーであり、サイズによるボーナスもペナルティも受けない。

普通の移動速度:アアシマールは30フィートの基本移動速度を持つ。

後光/Halo:後光を発現する能力を持つアアシマールもいる。この種族特性を持つアアシマールは回数無制限の擬似呪文能力として、自分の手を中心としたライトを作り出すことができる。後光を使用している間、アアシマールは悪のクリーチャーに対する〈威圧〉判定と、盲目状態や目が眩んだ状態にする効果に対するセーヴィング・スローに+2の状況ボーナスを得る。この種族特性は暗視種族特性と置き換える。

得意技能:アアシマールは〈交渉〉および〈知覚〉判定に+2の種族ボーナスを得る。

選択的アアシマールの能力:99 生来の20フィートの飛行移動速度(貧弱)を持つ。

高貴なる抵抗/Exalted Resistance:この種族特性を持つアアシマールは[悪]の補足説明を持つ呪文及び擬似呪文能力と、悪の来訪者によって発動された全ての呪文及び擬似呪文能力に対し、5+アアシマールのレベルに等しい呪文抵抗を得る。この種族特性は天上の抵抗と置き換える。



オーラ(変則)/Aura:秩序、混沌、善、悪の神格を信仰するクレリックは、神格の属性に対応した特別に強力なオーラを発している(詳細はディテクト・イーヴルの呪文を参照)。

呪文/Spells:クレリックはクレリック呪文リストにある呪文を信仰呪文として発動することができる。しかし、クレリックの属性によってはその信仰の道徳的または規律的信条に反するという理由から、ある種の呪文を発動することができない。詳しくは後述の秩序、混沌、善と悪の呪文の項を参照。クレリックは事前に呪文を選択し、準備しなければならない(後述)。

呪文を準備または発動するにはクレリックは最低でも10+その呪文レベルに等しい【判断力】能力値を有していなければならない。クレリックの呪文に対するセーヴィング・スローの難易度は、10+呪文レベル+クレリックの【判断力】修正値である。

他の呪文の使い手と同様、クレリックは各呪文レベル呪文を、1日に一定の回数ずつしか発動できない。1日に発動できる呪文の数の基本値は、表:クレリックに記されている。さらに、高い【判断力】能力値を持つならば、クレリックはボーナス呪文数を得ることができる(表:能力修正値とボーナス呪文を参照)

クレリックは瞑想や祈りによって呪文を準備する。クレリックが1日の呪文を準備するためには、毎日自分で決めた時間に1時間、瞑想、あるいは祈願を行わなければならない。クレリックは自分の発動できる呪文レベルの呪文ならば、クレリック呪文リストの中の任意の呪文を準備し、発動することができる。ただし、準備する呪文の選択は、毎日の瞑想中に決めなければならない。

エネルギー放出(超常)/Channel Energy:属性に関わらず、クレリックはその信仰の力を聖印(あるいは邪印)から導くことで、エネルギーの波を放出することができる。このエネルギーは、導かれたエネルギーのタイプ、そして対象クリーチャーによってダメージを与えるか治癒することに使える。

善のクレリック(あるいは善の神格を信仰するクレリック)は正のエネルギーを導き、アンデッドにダメージを与える、あるいは生きているクリーチャーを治癒することができる。悪のクレリック(あるいは悪の神格を信仰するクレリック)は負のエネルギーを導き、生きているクリーチャーにダメージを与える、あるいはアンデッドを治癒することができる。中立の神格を信仰する中立のクレリック(あるいは特定の神格を信仰しないクレリック)は、正のエネルギーと負のエネルギーのどちらを導くかを選ばなければならない。一度選択がなされたらそれを変更することはできない。この決定はまたクレリックが任意発動できるのがキュア系呪文であるかインフリクト系呪文であるかをも決める(任意発動を参照)。

エネルギー放出はアンデッドか生きているクリーチャーのどちらか一方を対象とする、クレリックを中心とした30フィート半径の爆発を生じさせる。与えられる、あるいは治癒されるダメージの量は、1d6ポイント+レベル1を越えるクレリック2レベル毎に1d6(レベル3で2d6、レベル5で3d6、以下同様)である。導かれたエネルギーからダメージを受けたクリーチャーは意志セーヴによってダメージを半分にすることができる。このセーヴの難易度は10+クレリック・レベルの1/2+クレリックの【魅力】修正値である。治癒されたクリーチャーは、その最大ヒット・ポイントを超えて治癒されることはなく、余分な回復分は無視される。クレリックは1日に3+【魅力】修正値に等しい回数だけエネルギー放出を使用できる。エネルギー放出は機会攻撃を誘発しない標準アクションである。クレリックは自分を効果に含めるかどうかを選択できる。この能力を使うためには、クレリックは聖印(または邪印)を示すことができなければならない。

領域/Domains:クレリックの信仰はその属性、どのような魔法が使えるか、価値観、そして他者をどのように見るかに影響する。クレリックは信仰する神格に属する2つの領域を選ぶ。属性の領域(秩序、混沌、善、悪の領域)を選ぶ際には、自分の属性に一致したものしか選ぶことができない。もしクレリックが特定の神格を信仰していない場合も、その宗教上の傾向や能力を表す2つの領域を選択する(選択にはGMの許可が必要)。この場合も、属性の領域に関する制限は適用される。

それぞれの領域は、クレリックのレベルに応じていくつかの領域能力と、領域呪文を与える。クレリックは自分が発動することのできる各1レベル以上の呪文レベルにつき、1つの領域呪文を準備することができる(訳注:1日の呪文数の"+1"は領域呪文を意味している)。クレリックは自分の2つ領域呪文のうちどちらかを準備できる。領域呪文がクレリック呪文リストに無い呪文の場合、その呪文は領域呪文としてのみ準備できる。領域呪文は任意発動に利用することができない。

さらに、クレリックが十分なレベルに達した時、それぞれの領域に記されている能力を得る。特に書いていない限り、領域能力の使用は標準アクションである。領域はこのクラスの説明の最後に一覧が載っている。

オリソン/Orisons:クレリックは毎日いくつかの「オリソン」、すなわち0レベル呪文を表:クレリックの1日の呪文数に従って準備できる。オリソンは他の呪文と同じように発動できるが、発動しても消費されることはなく、何度でも使うことができる。

任意発動/Spontaneous Casting:善のクレリック(あるいは善の神格を信仰する中立のクレリック)は準備した呪文のエネルギーを事前に準備していない治癒の呪文へと変換することができる。クレリックは準備していた好きなオリソンでも領域呪文でもない呪文を“失う”代わりに、その呪文のレベル以下のキュア系呪文(名前に“キュア”を含む呪文)を発動することができる。

悪のクレリック(あるいは悪の神格を信仰する中立のクレリック)はキュア系呪文に変換することはできず、インフリクト系呪文(名前に“インフリクト”を含む呪文)へと変換することができる。

善でも悪でもないクレリックで、その神格もまた善でも悪でもない場合、プレイヤーの選択によってキュア系呪文に変換することも、インフリクト系呪文に変換することもできる。一度この選択がなされたなら、変更することはできない。この選択はまたクレリックが正のエネルギーと負のエネルギーのどちらを導くかにも影響する(エネルギー放出を参照)。

秩序、混沌、善と悪の呪文:クレリックは自分自身、または仕える神格(いれば)の属性と逆の呪文を発動することはできない。呪文が特定の属性に関係しているかどうかは、呪文の解説に[秩序]、[混沌]、[善]、[悪]の補足説明として示されている。

ボーナス言語/Bonus Languages:クレリックはボーナス言語として天上語(セレスチャル)、奈落語(アビサル)、地獄語(インファーナル)を選択できる(それぞれ善、混沌にして悪、秩序にして悪の来訪者達の言語である)。これらはキャラクターの種族によるボーナス言語の選択肢に追加される。



武器と防具の習熟:経典主義者はクラブ、ダガー、ヘヴィ・クロスボウ、ライト・クロスボウ、クオータースタッフに習熟しているが、いかなる鎧にも盾にも習熟していない。これはクレリックの武器と防具の習熟と置き換える。

経典主義者の誓い/Ecclesitheurge's Vow:1レベルの時点で、経典主義者は鎧や盾ではなく、信仰によってのみ身を守ることを神格に誓う。鎧や盾を身につけた経典主義者は、信仰による能力、すなわちクレリックの領域能力、クレリック呪文の発動を行えなくなる。

信徒の祝福(超常)/Blessing of the Faithful:標準アクションとして、経典主義者は近距離(25フィート+5フィート/2レベル)以内にいる仲間1人を祝福することができる。祝福された仲間は攻撃ロール、技能判定、能力値判定、セーヴィング・スロー、アーマー・クラスのいずれか1つに+2の清浄ボーナスあるいは不浄ボーナス(経典主義者が正のエネルギー放出を行うか、負のエネルギー放出を行うかによって決定される)を得る。この効果は経典主義者の次のターンまで持続する。経典主義者はこの能力を使用する際にエネルギー放出の使用回数を1回分消費することで、持続時間をエネルギー放出のダイスの数に等しいラウンドだけ増加させることができる。

領域体得/Domain Mastery:1レベルの時点で、経典主義者はクレリックの領域を選択する際、一方を主要領域として選択する。選択されなかった領域は副次領域となる。経典主義者は領域呪文専用でない呪文スロットに、主要領域の呪文リストに記載された呪文を準備することができる。

毎日呪文を準備する際、経典主義者は自分の神格が与える異なる領域を選択し、副次領域の呪文リストの代わりにその領域の呪文リストを使用できる。このようなことをしても、経典主義者は副次領域から得られる領域能力を失うこともないし、別の領域から得られる領域能力を得られるわけでもない。

この能力は通常の領域能力を置き換える。

聖印との絆(超常)/Bonded Holy Symbol:3レベルの時点で、経典主義者は神格を表す聖印と強力な絆を形成する。これはウィザードの絆のアイテムと同様に機能するが、以下の点が異なる。まず、(ウィザード呪文ではなく)クレリック呪文および領域呪文を発動するために使用することができる。次に、経典主義者は、聖印もしくは首周りスロットのアイテムとして適切な魔法の能力のみを絆を結んだ聖印に付与することができる。

ウィザードの絆を結んだアイテムとして、経典主義者は適切なアイテム作成特技(通常は《その他の魔法のアイテム作成》)を有しているかのように、絆を結んだ聖印に追加の魔法能力を加えることができる。ただし、その特技の前提条件となるレベルを有していなければならない。例えば、アミュレット型のその他の魔法のアイテムが持つ能力(アミュレット・オヴ・ナチュラル・アーマーなど)を絆を結んだ聖印に付与する場合、最低でも3レベルでなければならない、というわけだ。絆を結んだ聖印の魔法の能力は、経典主義者が付与した魔法の能力も含め、経典主義者自身にのみ機能する。絆を結んだ聖印の所有者が死亡したり別のアイテムに置き換えたりすると、その物体はこの能力で経典主義者が与えた全ての強化を失う。

この能力は3レベルの時点で得られるエネルギー放出の強化と置き換える。



幸運の領域 Luck Domain
運命の副領域 Fate
領域能力:君はツイており、いるだけで周囲に幸運を広める。

ちょっとしたツキ(擬呪)/Bit of Luck:君は同意するクリーチャー1体に標準アクションで接触することで、対象に小さな幸運を与える。次のラウンドの間、対象はd20を振る場合2回振って、より好ましい結果を採用することができる。君はこの能力を1日3+【判断力】修正値回使うことができる。

代替能力:下記に与えられる能力を、幸運の領域における“良き運命”能力と入れ替える。

印付きの綴れ織り(超常)/Tugging Strands:8レベルにおいて、君は視線に入ったクリーチャーがたった今振ったロールを結果が分かる前に振り直すよう働きかけることができる。たとえ振り直したロールの結果が元々のロールより悪かったとしても、目標は振り直したロールの結果を用いなければならない。君はこの能力を8レベルの時に1日に1回使用でき、8レベルを越える6レベル毎に追加で1回使用できる。

代替領域呪文:2レベル―オーギュリイ、3レベル―ボロウ・フォーチュン*。
領域呪文:1レベル―トゥルー・ストライク、2レベル―エイド、3レベル―プロテクション・フロム・エナジー、4レベル―フリーダム・オヴ・ムーヴメント、5レベル―ブレイク・エンチャントメント、6レベル―ミスリード、7レベル―スペル・ターニング、8レベル―モーメント・オヴ・プレシャンス、9レベル―ミラクル。

経験点 次のレベル
 
 
呪文
設定など
7 体格:美しいプロポーション