編集する キャラクター一覧    Pathfinder キャラクターデータベース
タグ
エリ卓
キャラクター名
ハセヲ
属性
真なる中立
プレイヤー名
ハセヲ君
最終更新
2017/01/20 21:21
クラス/キャラクターレベル
ローグ/Lv5 メイガス/Lv5 アーケイントリックスター/1Lv  計/Lv11
信仰する神
ファラズマ
故郷
極東の島国
種族
人間
サイズ
中型
性別
年齢
23
身長
175'" cm
体重
65lb. kg
髪の色
瞳の色
肌の色
肌色
メモ欄
・共通語 ・ゴブリン語 ・エルフ語 ・地獄語 ・呪文:Lv0×6 Lv1×5 Lv2×4 ・秘術集積:4Pt/日 ・武具習熟:単純、軍用、軽装
能力名 能力値 能力
修正値
一時的
能力値
一時的
修正値
筋力
17
+3
 
 
敏捷力
18
+4
 
 
耐久力
10
 
 
 
知力
14
+2
 
 
判断力
12
+1
10
 
魅力
8
-1
 
 
HP
ヒットポント
最大値
71
ダメージ減少
 
負傷/現在のヒットポイント
非致傷ダメージ
 
イニシアチブ修正値
4
=
+4
+
 
合計
【敏】
修正値
その他の
修正値
移動速度
地上
60ft./12sq.
ft./0sq.
基本移動速度 防具着用時
ft./
ft.
ft.
ft.
飛行/機動性 水泳 登攀 掘り進み
技能
クラス
技能
技能名 技能
修正値
能力
修正値
ランク クラス
技能
鎧による
判定ペナルティ
その他の
修正値
〈威圧〉
-1
= 【魅】-1 +
 
+
 
+
 
+
 
〈隠密〉
20
= 【敏】+4 +
10
+
+3
+
-2
+
5
〈軽業〉
13
= 【敏】+4 +
8
+
+3
+
-2
+
 
〈鑑定〉
6
= 【知】+2 +
1
+
+3
+
 
+
 
〈騎乗〉
2
= 【敏】+4 +
 
+
 
+
-2
+
 
〈芸能〉()
-1
= 【魅】-1 +
 
+
 
+
 
+
 
〈芸能〉()
-1
= 【魅】-1 +
 
+
 
+
 
+
 
〈言語学〉*
7
= 【知】+2 +
2
+
+3
+
 
+
 
〈交渉〉
11
= 【魅】-1 +
9
+
+3
+
 
+
 
〈呪文学〉*
9
= 【知】+2 +
4
+
+3
+
 
+
 
〈職能〉(賭博士)
1
= 【判】+1 +
0
+
 
+
 
+
 
〈職能〉()
2
= 【判】+1 +
1
+
 
+
 
+
 
〈真意看破〉
14
= 【判】+1 +
6
+
+3
+
 
+
4
〈水泳〉
5
= 【筋】+3 +
1
+
+3
+
-2
+
 
〈製作〉(武器)
8
= 【知】+2 +
3
+
+3
+
 
+
 
〈製作〉(罠)
6
= 【知】+2 +
1
+
+3
+
 
+
 
〈製作〉()
2
= 【知】+2 +
 
+
 
+
 
+
 
〈生存〉
1
= 【判】+1 +
 
+
 
+
 
+
 
〈装置無力化〉*
16
= 【敏】+4 +
11
+
+3
+
-2
+
 
〈脱出術〉
9
= 【敏】+4 +
4
+
+3
+
-2
+
 
〈知覚〉
18
= 【判】+1 +
10
+
+3
+
 
+
4
〈知識:貴族〉*
 
= 【知】+2 +
 
+
 
+
 
+
 
〈知識:工学〉*
 
= 【知】+2 +
 
+
 
+
 
+
 
〈知識:次元界〉*
6
= 【知】+2 +
1
+
+3
+
 
+
 
〈知識:自然〉*
 
= 【知】+2 +
 
+
 
+
 
+
 
〈知識:宗教〉*
 
= 【知】+2 +
 
+
 
+
 
+
 
〈知識:神秘学〉*
12
= 【知】+2 +
7
+
+3
+
 
+
 
〈知識:ダンジョン探検〉*
9
= 【知】+2 +
4
+
+3
+
 
+
 
〈知識:地域〉*
 
= 【知】+2 +
 
+
 
+
 
+
 
〈知識:地理〉*
 
= 【知】+2 +
 
+
 
+
 
+
 
〈知識:歴史〉*
 
= 【知】+2 +
 
+
 
+
 
+
 
〈治療〉
1
= 【判】+1 +
 
+
 
+
 
+
 
〈手先の早業〉*
11
= 【敏】+4 +
6
+
+3
+
-2
+
 
〈登攀〉
1
= 【筋】+3 +
 
+
 
+
-2
+
 
〈動物使い〉
-1
= 【魅】-1 +
 
+
 
+
 
+
 
〈はったり〉
-1
= 【魅】-1 +
 
+
 
+
 
+
 
〈飛行〉
2
= 【敏】+4 +
 
+
 
+
-2
+
 
〈変装〉
4
= 【魅】-1 +
2
+
+3
+
 
+
 
〈魔法装置使用〉*
4
= 【魅】-1 +
2
+
+3
+
 
+
 
*習得時のみ。【筋】【敏】鎧による判定ペナルティ適用
AC
アーマークラス
19
=10+
4
+
 
+
+4
+
 
+
 
+
 
+
1
合計
ボーナス

ボーナス
【敏】
修正値
サイズ
修正値
外皮
ボーナス
反発
ボーナス
その他の
ボーナス
接触
アーマークラス
15
立ちすくみ
アーマークラス
 
修正等
セーヴィング・スロー 合計 基本
セーヴ
能力
修正値
魔法による
修正値
その他
修正値
一時的
修正値
頑健【耐久力】
7
=
5
+
0
+
 
+
 
+
2
反応【敏捷力】
14
=
6
+
+4
+
 
+
 
+
4
意志【判断力】
9
=
6
+
+1
+
 
+
 
+
2
     基本攻撃ボーナス     
6
  呪文抵抗  
 
戦技ボーナス
9
=
6
+
+3
+
 
合計 基本攻撃
ボーナス
【筋】
修正値
サイズ
修正値
戦技防御値
23
=
6
+
+3
+
+4
+
 
+10
合計 基本攻撃
ボーナス
【筋】
修正値
【敏】
修正値
サイズ
修正値
攻撃1 攻撃ボーナス クリティカル 重量
サンダリング・ライトクロスボウ+1
11
19〜20/×2
4
タイプ 射程 その他・矢弾等 ダメージ
刺突
80ft
クロスボウ・ボルト*70 +1ボルト*40 ショックボルト(+1d6)*1
1d8(クリティカル時+1d8、頑健DC14で恒久聴覚喪失)

攻撃2 攻撃ボーナス クリティカル 重量
レイピア
10
18〜20/*2
6
タイプ 射程 その他・矢弾等 ダメージ
刺突
 
 
1d6

攻撃3 攻撃ボーナス クリティカル 重量
パンチング・ダガー(隠し)
9
*2
 
タイプ 射程 その他・矢弾等 ダメージ
刺突
 
 
1d4

攻撃4 攻撃ボーナス クリティカル 重量
ショート・ソード (隠し)
9
*3
 
タイプ 射程 その他・矢弾等 ダメージ
 
 
 
1d6

攻撃5 攻撃ボーナス クリティカル 重量
ダガー×10(隠し)
9
19〜20/×2
 
タイプ 射程 その他・矢弾等 ダメージ
 
 
 
1d4

攻撃6 攻撃ボーナス クリティカル 重量
 
 
 
 
タイプ 射程 その他・矢弾等 ダメージ
 
 
 
 

鎧・防御アイテム ACボーナス タイプ ACへの【敏】ボーナス上限 判定ペナルティ 秘術呪文失敗確率 重量 特性・その他
シャドウ・チェイン・シャツ
+4
軽装
+4
-2
 
25
隠密+5
ゴーグルズ・オヴ・ナイト
 
眼鏡
 
 
 
 
暗視60フィート
ベルト・オヴ・フィジカル・マイ
 
 
 
 
1
筋力・敏捷+2
クローク・オブ・レジスタンス+2
 
外套
 
 
 
1
全セーヴィング+2
バーグラーズ・ブレイサーズ
 
腕甲
 
 
 
 
合言葉によって、この特徴のない革の腕甲は高品質の盗賊道具一揃いに変化させることができる。別のそのような合言葉によって腕甲形態に戻すことができる。1日に1回、この盗賊道具の使用中あるいは腕甲の着用中、使用者は危険に晒されていたり気を散らされている場合でさえ、1回の〈装置無力化〉判定に出目10を使用すること
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
合計
4
 
4
-2
 
27
 
装備品
アイテム重量
旅人の服 1
ランタン(投光式) 3
盗賊道具 1
職人道具 5
地図/巻物入れ 0.5
呪文構成要素ポーチ 2
ロープNo.3 5
引っかけ鉤 4
0.5
空瓶×2 3
錬金術師の火 1
対毒剤
火薬×3
スクロール・オブ・アニメイト・ロープLv3
エリクサー・オブ・スイミング
エリクサー・オブ・ヴィジョン
網通しスパイク×20 (ロープ+2) 10
インフリクト・モデレットウーンズ・ポーション
ムーンストーン
フェザーフォールの魔術書
ディテクト・ソウツの魔術書
スクロール・オブ・フライ
ウォーターブレージングのワンド(50)
サジェスチョンのポーション
敏捷減少ポーション
耐久減少ポーション
+1ボルト×41
ショックボルト(+1d6)
散弾手榴弾(鉄製)×7
足止め袋×2
何かのスタッフ
キュアライトウーンズ*2
ワンドラス・フィギュリーン・オヴ・パワー ・ブロンズ・グリフィン
キュアシリアス
運搬重量の合計
(硬貨含)
105.9
所持金
銅貨(cp)
 
銀貨(sp)
4
金貨(gp)
25
白金貨(pp)
1616
軽荷重
86
頭上に持ち上げる
=最大荷重
260
中荷重
173
地面から持ち上げる
=最大荷重x2
520
重荷重
260
押し引き
=最大荷重x5
1300
特技
《高速装填》

《近距離射撃》
30フィート内射撃、攻撃とダメージロールに+1

《速射》
遠隔武器で全力攻撃をする際、1回の追加攻撃を得ることができる。ただし、その場合すべての攻撃は−2のペナルティを受ける。

《物覚えの良さ》

《巻物作成》

《回避》

《強行突破》
自分が機会攻撃範囲外から外へ、あるいは機会攻撃範囲の中で移動する際に誘発する機会攻撃に対するACに+4の回避ボーナスを得る。ACへの【敏捷力】ボーナスを失うような状況では、この回避ボーナスも失う。
回避ボーナスはお互いに累積する。

《抜け目ない軽身》
〈軽業〉を用いて敵から機会攻撃を受けることなく敵の機会攻撃範囲や接敵面を移動するとき、その敵に対して行次の近接攻撃ロールに+2の状況ボーナスを得る。さらにこの敵は、この攻撃に対してアーマー・クラスに【敏捷力】ボーナスを加えることができない。この攻撃は次のターンが始まるまでに行わなければならない。

《鋭敏感覚》(使い魔が1マイル以内)
すべての〈知覚〉及び〈真意看破〉判定に+2のボーナスを得る。もしどちらかの技能ランクが10以上ならば、その技能へのボーナスは+4になる。

《クロスボウ体得》
君が使用しているクロスボウの種類に関わらず、あらゆるクロスボウの装填に要する時間がフリー・アクションに減少する。君はボウを使用しているかのように、全力攻撃アクションを使用して攻撃を行える回数と同じだけクロスボウで攻撃することができる。《高速装填》を修得しているクロスボウの種類に対する装填は、機会攻撃を誘発しなくなる。

《幅広い見識》(メイガス)

《武器の妙技》
そのクリーチャーのサイズ分類に合わせて作られた軽い武器、レイピア、ウィップ、あるいはスパイクト・チェインを使う時、攻撃ロールに【筋力】修正値ではなく、【敏捷力】修正値を使うことができる。盾を使っている場合は攻撃ロールに盾の防具による判定ペナルティを適用すること。
特殊能力
・急所攻撃+3d6
基本的に、ローグの目標がACに【敏捷力】ボーナスを加えられない状態にある時(目標が実際に【敏捷力】ボーナスを持っているかどうかは関係ない)、またはローグが目標を挟撃した時、ローグの攻撃は常に追加ダメージを与える。この追加ダメージはクラス・レベル1の時点で+1d6、以降ローグ・レベル2ごとに+1d6ずつ増加する。ローグが急所攻撃によりクリティカル・ヒットを与えたとしても、この追加ダメージにクリティカル倍率は適用されない。遠隔攻撃は目標が30フィート以内にいる場合にのみ急所攻撃とみなされる。
 非致傷ダメージを与える武器(サップ、ウィップ、素手打撃など)を用いれば、ローグは急所攻撃で致傷ダメージではなく非致傷ダメージを与えることができる。ただし急所攻撃を行う場合、たとえ通常の−4ペナルティを負ったとしても、致傷ダメージを与える武器を非致傷ダメージを与えるために用いることはできない。
 ローグは急所を見極める程度にはっきりと敵を目視しておらねばならず、また相手の急所に届く攻撃手段を持っていなければならない。ローグは視認困難を有するクリーチャーに急所攻撃を行うことはできない。

・罠探し
〈装置無力化〉技能\判定と罠を探すための〈知覚〉技能\判定にクラス・レベルの1/2(最低1)を加える。ローグは〈装置無力化〉技能\を用いて魔法的な罠を解除できる。

・身かわし(変則)
クラス・レベル2以上のローグは、超人的な身のこなしにより、魔法の攻撃や尋常ならざる攻撃さえ回避できるようになる。普通なら反応セーヴに成功することでダメージを半減できる攻撃の対象となった場合、ローグはセーヴィング・スローに成功すればダメージを全く受けずにすむ。身かわし能\力は、ローグが軽装鎧を着ているときか、鎧を着用していない時にのみ使用できる。無防備状態のローグは、身かわし能\力の利益を得ることはできない。

・ローグの技
 ・戦闘技術
この技を選択したローグは、ボーナス戦闘特技(特技を参照)を1つ得る。
 ・罠見抜き(変則):この技を持つローグは、罠から10フィート以内を通りかかっただけで、即座に罠を感知するための〈知覚〉判定を行うことができる。この判定はGMが密かに行うべきである。

・危機感知+1
3レベルの時点で、ローグは罠を避けるための反応セーヴに+1のボーナスと、罠による攻撃に対するアーマー・クラスに+1の回避ボーナスを得る。加えて、ローグは敵から不意討ちされないようにするために行う〈知覚〉判定に+1のボーナスを得る。これらのボーナスは以降ローグ・レベルが3上昇する毎に1ずつ増加する(18レベルの時点で最大の+6)。

・直感回避(変則)/Uncanny Dodge:クラス・レベル4以降、ローグはまだ気付いてもいないうちから危険に対処するという、通常なら不可能な行為を可能とする能力を獲得する。彼女は、たとえ不可視状態の敵に攻撃されたとしてさえ立ちすくみ状態にならず、またACに対する【敏】ボーナスを失わない。とはいえ、動けない状態になれば、やはりACへの【敏捷力】ボーナスは失われてしまう。また敵がフェイントを成功させた場合(戦闘を参照)、やはりACへの【敏捷力】ボーナスは失われる。

・妨げの傷(変則)
敵に急所攻撃によるダメージを与える際、ローグは攻撃の目標を衰弱させることができる。これにより、目標は1ラウンドの間ペナルティを受ける(これはローグの技やその他の特殊能力により与えられるペナルティに追加されるものである)。ローグはダメージを与える際に、以下のペナルティから1つを選択して適用することができる。
当惑/Bewildered:目標は当惑し、アーマー・クラスに−2のペナルティを受ける。ローグが行う全ての攻撃に対して、目標は追加でアーマー・クラスに−2のペナルティを受ける。10レベルと16レベルの時点で、ローグが行う攻撃に対するアーマー・クラスへのペナルティは−2ずつ増加する(合計で最大−8)。
狼狽/Disoriented:目標は攻撃ロールに−2のペナルティを受ける。ローグに対して行う攻撃において、目標は追加で攻撃ロールに−2のペナルティを受ける。10レベルと16レベルの時点で、ローグに対して行う攻撃における攻撃ロールへのペナルティは−2ずつ増加する(合計で最大−8)。
阻害/Hampered:目標の全ての移動速度は半分に減少する(最低5フィート)。加えて、目標は5フィート・ステップを行えなくなる。
これらのペナルティはそれ自身とは累積しないが、追加で急所攻撃によるダメージを追加で与えることで、持続時間が1ラウンド増加する。クリーチャーはこの能力から一度に1つまでペナルティを受ける。新しいペナルティが適用されると、以前のペナルティは直ちに終了する。これらのペナルティの1つの影響を受けている目標に何らかの治療が施されると、これらのペナルティも同時に取り除かれる。

・ストリート・チルドレン

・天賦の才:メイジ・ハンド

・遠隔精密作業(超常)
アーケイン・トリックスターは〈装置無力化〉および〈手先の早業〉を30フィートの距離の内で使用することができる。離れた場所でこれらの作業を行なう場合、そのDCは通常の技能判定のDCより5上昇する。そしてアーケイン・トリックスターはその判定については出目10を行なうことができない。また操作できる物体の重量は5ポンド(約2.3kg)以下である。アーケイン・トリックスターは、遠隔精密作業に使用する技能には少なくとも1ランクの技能ランクがなければならない。

・秘術集積(超常)4Pt 
1レベル時、メイガスは自身の能力や武器を強化する燃料として使用できる、神秘的な秘術エネルギーを蓄える能力を獲得する。秘術集積ポイントはメイガス・レベルの1/2(最小1)+【知力】修正値に等しい。1日1回メイガスが呪文を準備するときにポイントが回復する。
 1レベル時、メイガスは即行アクションで自分の秘術集積を1ポイント使用することによって、保持している武器に+1強化ボーナスを1分間与えることができる。これは1レベルを超える4レベル毎に+1され、17レベル時点で最大+5になる。これらのボーナスは既にその武器に備わっている強化ボーナスに、最大で+5になるまで累積させることができる。複数回この能力を使用しても効果が累積することはない。
 5レベルに到達したメイガスは、このボーナスを以下にある武器の特殊能力を付与するために使用しても良い。アイシー・バースト、ヴォーパル、キーン、ショッキング・バースト、ショック、スピード、ダンシング、フレイミング、フレイミング・バースト、フロスト。これらの特殊能力の付与は、付与する特殊能力の基本価格修正値に等しいボーナスを消費する(魔法の武器の特殊能力解説の項を参照)。既に武器に付与されている特殊能力と同じものを付与することはできるが、効果が累積することはない。もしその武器が魔法のものでないなら、最低でも+1の強化ボーナスを付与しなければ、他の特殊能力を付与することはできない。これらの強化ボーナスと特殊能力は秘術集積ポイントを使用するときに決定せねばならず、次にメイガスがこの能力を使用する時まで変更することができない。このボーナスは、メイガス以外の者が武器を使用する場合には効果を発揮しない。メイガスが一度に強化できる武器は1つだけである。再度この能力を使用した場合、最初に使用した効果は即座に終了する。

・呪文戦闘
1レベル時、メイガスは呪文を使用すると同時に武器で戦う術を学ぶ。これは呪文を逆手の武器として用いる二刀流として機能する。この能力を使用するためには、メイガスは(使用する呪文が動作要素を必要としないものであっても)片方の手を空けていなければならず、もう一方の手で使用している武器が軽い近接武器か片手近接武器でなければならない。全ラウンド・アクションで、彼は−2ペナルティを受けて自身の近接武器1つによる攻撃のすべてを行いながら、メイガス呪文リストにある発動時間が1標準アクションの呪文を使用することができる(この呪文の一部として振られる攻撃ロールもまたこのペナルティを受ける)。このとき呪文を防御的発動するのであれば、メイガスは攻撃ロールに追加のペナルティ(【知力】修正値まで)を受けることで、それと同値の状況ボーナスを精神集中判定に加えることができる。この精神集中判定が失敗した場合、呪文は無駄になってしまうが、攻撃に対するペナルティは依然として継続する。メイガスは最初に呪文を使用するか、武器で攻撃するかを選択することができるが、複数回攻撃できる場合に攻撃の合間で呪文を使用することはできない。

・呪文撃(常)
2レベルに到達したメイガスは、メイガス呪文リストに含まれる距離が“接触”の呪文を発動する際はいつでも、彼の所持する任意の武器を用いた近接攻撃の一部としてその武器を通じて呪文を叩き込むことができる。その呪文で通常許される呪文を叩き込むためにフリーで行う近接接触攻撃の代わりに、メイガスはフリーで(最も高い基本攻撃ボーナスを用いて)武器を用いた近接攻撃を行うことが可能になる。攻撃が命中した場合、呪文の与える効果に加えて、その近接攻撃は武器による通常ダメージを与える。もしメイガスがこの攻撃を呪文戦闘能力と同時に行った場合、呪文戦闘によって発生したペナルティは呪文撃による近接攻撃にも適用される。この攻撃は武器のクリティカル可能域(20、19〜20、18〜20やキーン能力に類似した効果も適用される)を使用するが、クリティカル・ヒットした場合であっても呪文効果は×2ダメージにしかならず、一方で武器ダメージは武器自身のクリティカル修正を用いる。

・メイガスの秘奥
 ・使い魔(イタチ)

・呪文喚起(超常)
4レベルに到達したメイガスは、自身の秘術集積を使用して既に使用した呪文を呼び戻す術を修得する。メイガスはその日準備していた使用済みのメイガス呪文1つを、即行アクションで呪文レベルに等しい(最低1)秘術集積を使用することによって呼び戻すことができる。呼び戻した呪文は、まるで使用されなかったかのように再度準備された状態に戻る。

・妙技訓練(レイピア)
3レベルの開始時に、ローグは《武器の妙技》で使用する武器の種別(レイピアやダガーなど)を1つ選択することができる。この選択は以後変更できない。選択した武器を用いた近接攻撃に成功すると、ローグはダメージ・ロールに【筋力】修正値ではなく【敏捷力】修正値を加えることができる。ローグがダメージ・ロールに【筋力】修正値を加えられない効果を受けている場合、ローグは【敏捷力】修正値を加える事もできない。ローグは11レベルの時点で2つ目の武器を、19レベルの時点で3つ目の武器を選択することができる。

・超越技能(装置無力化)
ランク5:罠の解除や解錠の際、〈装置無力化〉判定に−5のペナルティを受けることで、必要な時間を1段階縮めることができる。必要な時間の段階は以下のとおり:2d4ラウンド、1d4ラウンド、1ラウンド、標準アクション、移動アクション、即行アクション。
ランク10:魔法の罠を解除するとき、君は罠を起動することはなくなる(シンボルを見るなど、起動させる行為を行った場合でも起動しない)。判定に失敗すると依然として君は罠を起動させてしまう。また、君はこの能力を使用して罠を回避することはできない。
経験点 次のレベル
137000
145,000
呪文
・Lv1
 ・メイジ・アーマー
 ・マジック・ミサイル
 ・ショッキング・グラスプ
 ・アニメイト・ロープ
 ・カラー・スプレー
 ・シールド
 ・ディスガイズ・セルフ
 ・レイ・オヴ・エンフィーブルメント
 ・トゥルー・ストライク
 ・フロスト・バイト

Lv2
 ・ブラインドネス/ デフネス
 ・スコーチング・レイ
 ・ノック
 ・ガスト・オブ・ウィンド
 ・フレイミング・スフィア
 ・インヴィジビリティ
 ・ミラー・イメージ
 ・フリジッド・タッチ
 ・キャッツ・グレイス
 ・

・初級秘術呪文
設定など
生まれて直ぐに権力闘争が発端となり引き起こされた紛争に巻き込まれ親を亡くした戦災孤児。

幼少時には貧困街で独り生き抜くために盗賊の真似事をして明日をも知れぬその日暮らしを続けていた。

その後、成長してからは傭兵団に所属して武器や技術の腕を磨く。全ては何物にも頼らず生き抜く術を学ぶために。

そうして最低限の技術を身に付けた後、傭兵団を辞して自分の生まれた意味と世界の神秘、そして最期に眠りにつくための場所を求めて世界を流浪する。

常人とは異なる独特の価値観を持ち、全てのモノ、コトに対して善悪の区別というものをつけない。彼の中にあるのは生きるか、死ぬか、それだけ。

何の面白味もない、どこにでも転がっているありふれた不幸の中で育ったことを自覚しており、それ故に生じた自らの歪んだ価値観もまた同様に受け入れている。

その一方で、死の探求と生への執着と言う二律背反の欲求を常に無意識で抱いていることには気づいていない。