編集する キャラクター一覧    Pathfinder キャラクターデータベース
タグ
ヒマル
キャラクター名
ネスト・ルック
属性
秩序にして善
プレイヤー名
ヒマル
最終更新
2018/03/11 14:43
クラス/キャラクターレベル
ソーサラー(念術の血脈)/22 パラディン(教会の守り手:解放の領域)/12/アークメイジ2
信仰する神
デズナ
故郷
 
種族
ハーフオーク
サイズ
中型
性別
年齢
 
身長
'" cm
体重
lb. kg
髪の色
 
瞳の色
 
肌の色
 
メモ欄
能力値最小:+5EP 筋敏耐知判魅 121012121215 prdj内全て 3EP 見習い言霊士 3EP 種族特質:強大 4EP 種族改造 10EP 上級幸運 上級擬似呪文能力(ハイトゥンド・アウェアネス) 秘術熟練 固定ボーナス特技:イニシアチブ強化 優れた魅力 優れた魅力 優れた魅力 種族: 熟練/Skilled:二世代目や三世代目のハーフオークはしばしば自身のオークの出自よりも人間としての出自の方を好む。この種族特性を持つハーフオークはレベルごとに追加で1技能ランクを得る。この種族特性は暗視と置き換える。 ゴミ漁り/Scavenger:一部のハーフオークは社会のゴミ捨て場から残り物を拾って生計を立てており、さけられない屑の中から滅多にない掘り出し物をより分けることを学ばなければならなかった。この種族特性を有するハーフオークは、〈鑑定〉判定、隠された物体(罠や隠し扉を含む)を見つけるため、食物が傷んでいるかどうかを判断するため、または味でポーションを識別するための〈知覚〉判定に+2の種族ボーナスを得る。この種族特性は威嚇の特性と置き換える。 オークの血/Orc Blood:ハーフオークは種族に関連した全ての効果において、人間とオークの両方として扱われる。 聖痕/Sacred Tattoo:刺青、ピアス、儀式的な自傷は多くのハーフオークにとって聖なる刻印である。この種族特性を有するハーフオークは全てのセーヴィング・スローに+1の幸運ボーナスを得る。この種族特性はオークの凶暴性と置き換える。 都市育ち/City-Raised:この特性を持つハーフオークは、オークの祖先をかすかにしか知らず、大都市の人間や他のハーフオークの中で育てられた。都市育ちのハーフオークはウィップとロングソードに習熟しており、〈知識:地域〉判定に+2の種族ボーナスを得る。この種族特性は武器精通と置き換える。 言語:ハーフオークは共通語とオーク語を開始時に修得している。高い【知力】を持つハーフオークは以下から追加の言語を選択できる:巨人語、ゴブリン語、奈落語、ノール語、竜語。 適性クラス・オプション ソーサラーによって発動される[火]ダメージを与える呪文に+1/2ポイントの[火]ダメージを加える。(+10) ウィッシュ:全能力値+5
能力名 能力値 能力
修正値
一時的
能力値
一時的
修正値
筋力
25
+7
 
 
敏捷力
23
+6
 
 
耐久力
26
+8
 
 
知力
15
+2
 
 
判断力
17
+3
 
 
魅力
42
+16
 
 
HP
ヒットポント
最大値
283
ダメージ減少
 
負傷/現在のヒットポイント
非致傷ダメージ
 
イニシアチブ修正値
12
=
+6
+
6
合計
【敏】
修正値
その他の
修正値
移動速度
地上
20ft./4sq.
ft./0sq.
基本移動速度 防具着用時
ft./
ft.
ft.
ft.
飛行/機動性 水泳 登攀 掘り進み
技能
クラス
技能
技能名 技能
修正値
能力
修正値
ランク クラス
技能
鎧による
判定ペナルティ
その他の
修正値
〈威圧〉
21
= 【魅】+16 +
2
+
+3
+
 
+
 
〈隠密〉
-14
= 【敏】+6 +
 
+
 
+
-15
+
 
〈軽業〉
-14
= 【敏】+6 +
 
+
 
+
-15
+
 
〈鑑定〉
8
= 【知】+2 +
1
+
+3
+
 
+
2
〈騎乗〉
-14
= 【敏】+6 +
 
+
 
+
-15
+
 
〈芸能〉()
16
= 【魅】+16 +
 
+
 
+
 
+
 
〈芸能〉()
16
= 【魅】+16 +
 
+
 
+
 
+
 
〈言語学〉*
 
= 【知】+2 +
 
+
 
+
 
+
 
〈交渉〉
21
= 【魅】+16 +
5
+
 
+
 
+
 
〈呪文学〉*
25
= 【知】+2 +
20
+
+3
+
 
+
 
〈職能〉()
3
= 【判】+3 +
 
+
 
+
 
+
 
〈職能〉()
3
= 【判】+3 +
 
+
 
+
 
+
 
〈真意看破〉
3
= 【判】+3 +
 
+
 
+
 
+
 
〈水泳〉
-8
= 【筋】+7 +
 
+
 
+
-15
+
 
〈製作〉()
2
= 【知】+2 +
 
+
 
+
 
+
 
〈製作〉()
2
= 【知】+2 +
 
+
 
+
 
+
 
〈製作〉()
2
= 【知】+2 +
 
+
 
+
 
+
 
〈生存〉
3
= 【判】+3 +
 
+
 
+
 
+
 
〈装置無力化〉*
 
= 【敏】+6 +
 
+
 
+
-15
+
 
〈脱出術〉
-14
= 【敏】+6 +
 
+
 
+
-15
+
 
〈知覚〉
15
= 【判】+3 +
12
+
 
+
 
+
 
〈知識:貴族〉*
 
= 【知】+2 +
 
+
 
+
 
+
 
〈知識:工学〉*
 
= 【知】+2 +
 
+
 
+
 
+
 
〈知識:次元界〉*
 
= 【知】+2 +
 
+
 
+
 
+
 
〈知識:自然〉*
 
= 【知】+2 +
 
+
 
+
 
+
 
〈知識:宗教〉*
10
= 【知】+2 +
8
+
 
+
 
+
 
〈知識:神秘学〉*
10
= 【知】+2 +
5
+
+3
+
 
+
 
〈知識:ダンジョン探検〉*
 
= 【知】+2 +
 
+
 
+
 
+
 
〈知識:地域〉*
5
= 【知】+2 +
1
+
 
+
 
+
2
〈知識:地理〉*
 
= 【知】+2 +
 
+
 
+
 
+
 
〈知識:歴史〉*
 
= 【知】+2 +
 
+
 
+
 
+
 
〈治療〉
3
= 【判】+3 +
 
+
 
+
 
+
 
〈手先の早業〉*
 
= 【敏】+6 +
 
+
 
+
-15
+
 
〈登攀〉
-8
= 【筋】+7 +
 
+
 
+
-15
+
 
〈動物使い〉
16
= 【魅】+16 +
 
+
 
+
 
+
 
〈はったり〉
16
= 【魅】+16 +
 
+
 
+
 
+
 
〈飛行〉
-10
= 【敏】+6 +
1
+
+3
+
-15
+
 
〈変装〉
16
= 【魅】+16 +
 
+
 
+
 
+
 
〈魔法装置使用〉*
35
= 【魅】+16 +
16
+
+3
+
 
+
 
*習得時のみ。【筋】【敏】鎧による判定ペナルティ適用
AC
アーマークラス
32
=10+
13
+
6
+
1
+
 
+
2
+
 
+
 
合計
ボーナス

ボーナス
【敏】
修正値
サイズ
修正値
外皮
ボーナス
反発
ボーナス
その他の
ボーナス
接触
アーマークラス
11
立ちすくみ
アーマークラス
 
修正等
セーヴィング・スロー 合計 基本
セーヴ
能力
修正値
魔法による
修正値
その他
修正値
一時的
修正値
頑健【耐久力】
34
=
6
+
+8
+
 
+
20
+
 
反応【敏捷力】
32
=
6
+
+6
+
 
+
20
+
 
意志【判断力】
35
=
12
+
+3
+
 
+
20
+
 
     基本攻撃ボーナス     
10
  呪文抵抗  
18
戦技ボーナス
17
=
10
+
+7
+
 
合計 基本攻撃
ボーナス
【筋】
修正値
サイズ
修正値
戦技防御値
33
=
10
+
+7
+
+6
+
 
+10
合計 基本攻撃
ボーナス
【筋】
修正値
【敏】
修正値
サイズ
修正値
攻撃1 攻撃ボーナス クリティカル 重量
 
 
 
 
タイプ 射程 その他・矢弾等 ダメージ
 
 
 
 

攻撃2 攻撃ボーナス クリティカル 重量
 
 
 
 
タイプ 射程 その他・矢弾等 ダメージ
 
 
 
 

攻撃3 攻撃ボーナス クリティカル 重量
 
 
 
 
タイプ 射程 その他・矢弾等 ダメージ
 
 
 
 

攻撃4 攻撃ボーナス クリティカル 重量
 
 
 
 
タイプ 射程 その他・矢弾等 ダメージ
 
 
 
 

攻撃5 攻撃ボーナス クリティカル 重量
 
 
 
 
タイプ 射程 その他・矢弾等 ダメージ
 
 
 
 

攻撃6 攻撃ボーナス クリティカル 重量
 
 
 
 
タイプ 射程 その他・矢弾等 ダメージ
 
 
 
 

鎧・防御アイテム ACボーナス タイプ ACへの【敏】ボーナス上限 判定ペナルティ 秘術呪文失敗確率 重量 特性・その他
フル・プレート+5
14
 
1
-5
 
50
 
エクセルガード(フォース・タワー)
6
 
2
-10
 
45
 
ヘッドバンド・オヴ・アリュアリング・カリズマ+6
 
 
 
 
 
 
 
ネックレス・オヴ・アダプテイション
 
 
 
 
 
 
 
リング・オヴ・イヴェイジョン
 
 
 
 
 
 
 
ローブ・オヴ・ジ・アークマギ
 
 
 
 
 
 
 
ベルトオブフィジカルパーフェクション+6
 
 
 
 
 
 
 
グレーター・リング・オヴ・インナー・フォーティチュード
 
 
 
 
 
 
 
セヴンリーグ・ブーツ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
合計
20
 
1
-15
 
95
 
装備品
アイテム重量
レッサー・マクシマイズ・メタマジック・ロッド
ハンディ・ハヴァサック
レッサー・エレメンタル・メタマジック・ロッド
1750GPダイアモンドの粉末
レッサー・クイックン・メタマジック・ロッド
ワンド・オヴ・デス・ウォード
ワンド・オヴ・ディレイ・ポイズン 47
レッサー・エンパワー・メタマジックロッド*2
クイックン・メタマジック・ロッド
キュア・シリアス・ウーンズ・ポーション*3
エンパワー・メタマジック・ロッド
グレーター・エンパワー・メタマジック・ロッド
1500GPダイヤモンド*3
ヒール・スクロール*5
ワンド・オブ・セレクテッド・ピュアリファイ
コミュナル・エアウォーク・スクロール
セレクテッド・リヴァイヴ・スクロール
レストレーション100・スクロール
呪文構成要素ポーチ
コンティンジェンシィ用1,500gp相当の象牙で作られた術者自身の小像*4
火のルビー(ソーサラー、魅力+2清浄ボーナス)
デス・ウォーデンズ・バンドリアー
25,000gpの価値があるダイヤモンド*3
アンブロジア*2
ネクター・オヴ・ザ・ゴッズ
3530GP
運搬重量の合計
(硬貨含)
95
所持金
銅貨(cp)
 
銀貨(sp)
 
金貨(gp)
 
白金貨(pp)
 
軽荷重
266
頭上に持ち上げる
=最大荷重
800
中荷重
533
地面から持ち上げる
=最大荷重x2
1600
重荷重
800
押し引き
=最大荷重x5
4000
特技
・ソーサラー
1 《タワー・シールド習熟》
3 《実験的な呪文の使い手》
5 《実験的な呪文の使い手》
7 《抵抗破り》
9 《上級抵抗破り》
11 《呪文高速化》
13 《呪文先鋭化》
15 《呪文ダメージ激化》
17 《呪文威力強化》
19 《呪文持続化》

*《物質要素省略》
*《イニシアチブ強化》

神話特技
1 《抵抗破り》(神話)
*《イニシアチブ強化》(神話)

・血脈特技
7 《呪文熟練》
13《呪文集約化》
19《呪文レベル上昇》

■《タワー・シールド習熟》
君はタワー・シールドを適切に使うトレーニングを受けた。
前提条件:《盾習熟》。
利益:タワー・シールドを使う場合、盾の防具による判定ペナルティは【筋力】と【敏捷力】を基準とする技能判定にしかつかない。

■《実験的な呪文の使い手》
呪文を発動するにも関わらず、君は言霊発動の技も多少かじっている。
前提条件:呪文発動能力。
利益:君に呪文発動能力を与えているクラスを1つ選択する。君は今やそのクラスのスロットを限られた数の言霊呪文の発動に使用できる。君の呪文リストおよび呪文書、使い魔、あるいは修得呪文のリストに全ての目標語を加える。加えて、ブーストの修正語と選択したクラスの発動可能ないずれかのレベルから1つの効果語を加える。
・フォース・ウォード

■《実験的な呪文の使い手》
呪文を発動するにも関わらず、君は言霊発動の技も多少かじっている。
前提条件:呪文発動能力。
利益:君に呪文発動能力を与えているクラスを1つ選択する。君は今やそのクラスのスロットを限られた数の言霊呪文の発動に使用できる。君の呪文リストおよび呪文書、使い魔、あるいは修得呪文のリストに全ての目標語を加える。加えて、ブーストの修正語と選択したクラスの発動可能ないずれかのレベルから1つの効果語を加える。
・ディスタント
・レンクシー

■《抵抗破り》
君の呪文は通常より簡単に呪文抵抗を打ち破ることができる。
利益:クリーチャーの呪文抵抗を打ち破るための術者レベル判定(1d20+術者レベル)に+2のボーナスを得る。

■《上級抵抗破り》
クリーチャーの呪文抵抗を打ち破るための術者レベル判定(1d20+術者レベル)に+2のボーナスを得る。このボーナスは《抵抗破り》によるボーナスと累積する。

■《呪文高速化》
高速化された呪文の発動は即行アクションである。高速化された呪文を発動したラウンドに、さらに他のアクション(呪文の発動を含む)を行うことができる。発動時間が1ラウンドを超える呪文や、発動時間が1全ラウンド・アクションより長い呪文は高速化できない。
高速化された呪文は、本来のレベルより4レベル高い呪文スロットを使用する。

■《呪文先鋭化》
君が目標に対し《呪文先鋭化》された呪文を発動するとき、目標の呪文抵抗を通常より5低いものとして扱う。《呪文先鋭化》された呪文は、本来のレベルより1レベル高い呪文スロットを使用する。

■《呪文威力強化》
 威力強化された呪文の変数となっている効果はダイス・ロールへのボーナスも含めてすべて1/2だけ増加する。
セーヴィング・スローと対抗判定には影響せず、ランダムな変数を持たない呪文もまた影響されない。威力強化された呪文は、本来のレベルより2レベル高い呪文スロットを使用する。

■《呪文持続化》
 効果時間が瞬間となっていて範囲に効果を及ぼす呪文を、君の次のターンの初めまで持続させる。既にダメージを受けているものに追加でダメージを与えることはないが、新しく範囲に入ったキャラクターにも効果を及ぼす。《呪文持続化》された呪文は目に見える形で顕現し、5フィートを超えると視認困難(20%失敗確率)を、20フィートを超えると完全視認困難(50%失敗確率)を提供する。
《呪文持続化》は通常の呪文レベルよりも1レベル高い呪文スロットを消費する。

□《物質要素省略》
君は多少の物質要素であれば使わなくても呪文を発動することができる。
利益:君は価格が1gp以下の 物質要素を必要とする呪文を、それなしで発動できる(呪文の発動は通常通り機会攻撃を誘発する)。1gpよりも高価な物質要素を必要とする呪文を発動するには、通常通り物質要素を手に持っていなければならない。

□《呪文熟練》:力術
魔法系統を1つ選択する。君が発動したその系統の呪文に抵抗することは、より難しくなる。
利益:選択した魔法系統の呪文を発動する場合、それに対して行われるすべてのセーヴィング・スローの難易度は+1される。

□《呪文集約化》
この特技を適用した複数を対象にする呪文を発動する際、君はこの呪文の効果範囲内の目標1つもしくはクリーチャー1体を選択する。そのクリーチャーが行なう、この呪文に抵抗するためのセーヴ難易度が+2される。君はこの呪文を発動する前に誰に呪文を集約させるのかを選択しなければならない。《呪文集約化》は通常の呪文レベルよりも1レベル高い呪文スロットを消費する。

抵抗するためや呪文の効果を弱めるためのセーヴィング・スローを要求しない呪文はこの特技の利益を得ることはできない。

□《呪文レベル上昇》
 レベル上昇済みの呪文は通常よりも高い呪文となる(最高9レベル)。他の呪文修正特技と異なり、《呪文レベル上昇》は修正した呪文の有効レベルを実際に上昇させる。(セーヴィング・スローの難易度や、レッサー・グローブ・オヴ・インヴァルナラビリティを打ち破る能力のような)呪文レベルに依存するすべての効果は、上昇後のレベルに従って計算される。レベル上昇された呪文は、その有効レベルの呪文と同じだけ、準備し発動するのが難しい。つまり、その有効レベルのスロットを使用する。

□《抵抗破り》(神話)
 呪文抵抗を無視するために行う術者レベル判定に君の階梯の半分を加える。君が《上級抵抗破り》を修得しているなら、代わりに神話階梯の値全てを加える。

□《イニシアチブ強化》(神話)
 《イニシアチブ強化》によるイニシアチブ判定へのボーナスは、君の階梯の値だけ増加する。このボーナスは《イニシアチブ強化》によるボーナスと累積する。加えて、イニシアチブをロールする代わりに神話パワーを1回分消費することで、出目20をロールしたものとして扱うことができる。
特殊能力
■ソーサラー
□血脈の秘法
:君のソーサラー呪文と擬似呪文能力は、秘術呪文ではなく念術呪文として扱われる。呪文を発動する際、君は音声要素と動作要素の代わりに思考要素と感情要素を用いる。

□血脈の力:
△念術打撃(超常)/Psychic Strike:1レベルの時点で、君は近くにいる者の精神を圧倒することができる。君は見ることのできる30フィート以内のクリーチャーを目標にすることができる。目標は意志セーヴィング・スロー(難易度=10+ソーサラー・レベルの半分+【魅力】修正値)を行わねばならず、失敗すると1d6+ソーサラー・レベル2毎に1ポイントのダメージを受け、1ラウンドの間怯え状態になる。君はこの能力を1日に3+【魅力】修正値に等しい回数だけ使用することができる。

△精神の抵抗力(変則)/Mental Resistance:3レベルの時点で、君の精神は精神への攻撃を妨げるようになる。君は[精神作用]効果に対するセーヴィング・スローに+2のボーナスを得る。9レベルの時点で、このボーナスは+4に増加する。

△天性の下方発動(擬呪)/Undercasting Prodigy:9レベルの開始時に、君は新しく呪文を得る際、修得呪文の一覧から発動することができる、下方発動可能な呪文全てを、その最も高いレベルのものに念術の血脈呪文を全て置き換える。例えば、9レベルの時点で、君はマインド・スラストI、イド・インシニュエイションI、エゴ・ウィップIを、マインド・スラストIV、イド・インシニュエイションIII、エゴ・ウィップIIと置き換え、修得呪文に加える。

△害なす心霊体(擬呪)/Malevolent Ectoplasm:15レベルの時点で、君の心霊体の触手は周囲のクリーチャーを攻撃することができるようになる。これは君を中心としたブラック・テンタクルズとして機能するが、触手はエーテル体のクリーチャーと非実体クリーチャーに組みつくこともでき、君自身には効果を及ぼさない(ただし仲間には効果を及ぼす)。君はこの能力を1日にソーサラー・レベル毎に1ラウンドだけ使用することができる。持続時間が連続している必要はない。

△ソウトセンス(擬呪)
 15レベルの時点で、君は周囲にいるものの思考を識別することができる。これは常時発動するソウトセンス*として扱うが、有効距離は60フィートではなく30フィートとなる。

△真なる思考形態(擬呪)
 20レベルの時点で、君は肉体の制約を解き放ち、思考形態――物質から独立した存在――となる。クリーチャーが君を殺したとき、君は瀕死状態になる直前に、割り込みアクションとしてそのクリーチャーに対してマインド・スワップ*を使用しようと試みることができる。


■パラディン
□怖れ知らず(変則):
3レベルになると、君は恐怖に対するセーヴィングスローに+4のボーナスを得るとともに、ACに+1の外皮ボーナスを得る。9レベルになると、君は光に過敏の種族特性を失い、恐怖に対する完全耐性を得て、さらに外皮ボーナスが+2に増加する。

□善のオーラ(変則)/Aura of Good:パラディンの善のオーラ強度(詳細はディテクト・グッド参照)は、パラディンのクラス・レベルに等しい。

□ディテクト・イーヴル(擬呪)/Detect Evil:パラディンは、回数無制限でディテクト・イーヴルを使うことができる。効果は同名の呪文と同様である。パラディンは60フィート以内にあるアイテムひとつか1体の対象に対して1回の移動アクションで精神を集中することで、それが悪であるかどうかを見抜き、あたかも3ラウンド費やしたかのようにそのオーラの強度を知ることができる。1つの個人または物体に集中し続ける限り、パラディンは範囲内にある他の悪に気付くことはない。

□悪を討つ一撃(超常)/Smite Evil:1日1回、パラディンは邪悪に打ち勝つ善の力を呼び出すことができる。1回の即行アクションを費やして、1体の対象を“一撃”の目標として選ぶ。もしこの目標が悪であれば、パラディンは【魅力】のボーナス(あれば)を攻撃ロールに加え、かつパラディン・レベル1ごとに1ポイントの追加ダメージを全てのダメージ・ロールに加える。もし対象が(悪)の副種別を持つ来訪者、悪属性の竜またはアンデッドであれば、最初に命中した攻撃のダメージへのボーナスは増加し、パラディンが持つレベル毎に2ポイントになる。標的に関わらず、悪を討つ一撃はクリーチャーが持つ全てのダメージ減少を自動的に無視する。

加えて、悪を討つ一撃が効果を発揮している間、パラディンは一撃の対象となっている目標からの攻撃に対して、アーマー・クラスに(もしあれば)【魅力】修正値を反発ボーナスとして加えることができる。もしパラディンが悪の属性でないクリーチャーを一撃の目標にしてしまったなら、その一撃は消費され、効果は発揮しない。

悪を討つ一撃の効果はその目標が死亡するか、パラディンが休息を取りこの能力の使用を回復するまで持続する。4レベルになってからと以後3レベル毎に追加で1回、パラディンは1日に使用できる悪を討つ一撃の回数を増やすことができる(表:パラディン参照)。19レベルで最大7回使用できる。

□信仰の恩寵(超常)/Divine Grace:2レベル以降、パラディンは【魅力】ボーナス(あれば)を全てのセーヴィング・スローにボーナスとして加える。

□癒しの手(超常)/Lay On Hands:2レベルになると、パラディンは接触することで、(自分のであろうと、他人のであろうと)負傷を治療することができる。1日に使える回数は、パラディン・レベルの半分+【魅力】ボーナスである。この能力を使用すると、パラディンは1体の対象のヒット・ポイントを、パラディン・レベル2レベル毎に1d6ヒット・ポイント分回復することができる。この能力は、パラディン自身を目標とする場合には即行アクションだが、それ以外を対象とする場合には標準アクションを必要とする。その名称にも関わらず、パラディンは片手が自由であれば、この能力を使用することができる(訳注:原文の能力名は“Lay on hands”と複数形である)。

治癒の力として使用する代わりに、パラディンはこの能力を使ってアンデッドにダメージを与えることができる。与えるダメージは、パラディン・レベル2レベル毎に1d6ポイントである。この能力を使用するためには、1回の接触攻撃に成功する必要がある。この攻撃は機会攻撃を誘発しない。このダメージに対して、アンデッドはセーヴィング・スローを行うことはできない。

□勇気のオーラ(超常)/Aura of Heroism:3レベルになると、パラディンは[恐怖]効果(魔法の効果も、それ以外でも)に対して完全耐性を得る。また、パラディンから10フィート以内にいる全ての味方は、[恐怖]効果に対するセーヴィング・スローに+4の士気ボーナスを得る。この効果は、パラディンの意識がある場合にのみ有効である。パラディンが気絶状態か死亡状態では、効果はない。

□頑健なる肉体(変則)/Divine Health:3レベルで、パラディンはすべての病気に対して完全耐性を得る。これは、超自然の病気や、魔法の病気も含む。また、ミイラ腐敗病も含まれる。

□慈悲(超常)/Mercy:3レベルになってからと以後3レベル毎に、パラディンは慈悲をひとつ選択することができる。ひとつの慈悲は、パラディンの“癒しの手”の能力にひとつの効果を加える。パラディンが“癒しの手”の能力を1体の対象に対して使用して傷を癒すたびに、対象はそのパラディンが有する全ての“慈悲”の効果も受ける。慈悲は呪い、病気または毒によってもたらされた状態を、その症状そのものを治療すること無く、一時的に取り除くことができる。そのような状態は、慈悲が症状そのものを取り除くのでない限り、1時間後に再び発現する。

△慈悲
・疲労状態/Fatigued:対象を疲労状態でなくす。
・よろめき状態/Staggered:対象の実際のヒット・ポイントが0でないなら、よろめき状態でなくす。
・過労状態/Exhausted:対象を過労状態でなくす。パラディンは先に“疲労の慈悲”を持っていなければ、この慈悲を選択できない。
・麻痺状態/Paralyzed:対象を麻痺状態でなくす。

□領域の力/Domain Granted Power:4レベルの時点で、教会の守り手は神格が与える領域(もしくは概念や目的に適切な領域、GMの許可が必要)から1つを選択する。教会の守り手は、その領域が与える1レベルの能力を得る。その能力の効果を決定する際、パラディン・レベルをクレリック・レベルとして用いる。与えられた能力における【判断力】に基づく部分は、代わりに教会の守り手の【魅力】を用いる。教会の守り手が領域の呪文リストから呪文を得ることはない。

△解放の領域
・解放(超常)/Liberation:君は動きを阻害する効果を無視する能力を持つ。1日クレリック・レベルに等しいラウンドの間、君はフリーダム・オヴ・ムーヴメントの影響下にあるかのように動きを阻害する魔法の影響を無視して動き回ることができる。この効果はそれが適応されるべき時が来ると自動的に発動される。効果の持続ラウンドは連続している必要はない。

□祝福(超常)
 5レベルの時点で、教会の守り手は4レベルの時に得た領域の(ウォープリーストクラス特徴と同様の)下級の祝福を得る。教会の守り手は祝福の効果を決定する際、パラディン・レベルをウォープリースト・レベルとして用いる。祝福の【判断力】に基づく部分は、代わりに教会の守り手の【魅力】を用いる。11レベルの時点で、教会の守り手は選択した領域の上級の祝福を得る。この能力は信仰の絆と正義のオーラを置き換える。

△解放の祝福
解放(下級)/Liberation:1レベルの時点で、君は即行アクションとして、1ラウンドのあいだ動きを阻害する効果や麻痺状態を与える効果を無視できるようになる。これはフリーダム・オヴ・ムーヴメントとして機能する。君はそれ以外にアクションを取れない場合でさえこの祝福を起動できるが、気絶している場合は除く。

△自由の叫び(上級)
 10レベルの時点で、君は即行アクションとして30フィートのオーラを放つことができる。このオーラは、上述の解放の祝福を全ての仲間に与える。この効果は1ラウンドの間持続する。

□正のエネルギー放出(超常):4レベルに達したパラディンはクレリックと同様に、超常能力として正のエネルギー放出能力を得る。この能力の使用は、2回の“癒しの手”の使用回数を消費する。パラディンは“正のエネルギー放出”を行うときは、自身のレベルを有効クレリック・レベルとして使用する。この能力は【魅力】ベースである。

□不屈のオーラ(超常)
8レベルの時点で、パラディンは(魅惑)の呪文と擬似呪文能力に完全耐性を得ることができる。パラディンの仲間は彼女の10フィート以内に留まる限り+4の士気ボーナスを、(魅惑)の呪文に対抗するためのセーヴィング・スローに貰える。
この能力はパラディンの意識がある時にのみ作用する。意識を失ったり死亡したりしていると効果を発揮しない。

■アークメイジ
□殺し難きもの(変則)
 0ヒット・ポイントを下回ると、君は【耐久力】判定を試みる必要なく自動的に容態安定化する。君が0ヒット・ポイントを下回っている間に行動することのできる能力を持っている場合、その能力に記載されている通り、依然としてアクションを行うたびにヒット・ポイントを失う。出血ダメージは0ヒット・ポイントを下回っている状態でも、依然として君のヒット・ポイントを失わせる。加えて、君はヒット・ポイントの負の値が【耐久力】値の2倍以上にならない限り、死ぬことはない。

□神話パワー(超常)
 驚くほどの成果を達成し運命を免れるために、神話キャラクターは力の源から力を引き出す。この力はいくつかの異なる能力として使用することができる。毎日、君は3+神話階梯の2倍に等しい回数(第1階梯の時点で5/日、第2階梯の時点で7/日、など)だけ神話パワーを消費することができる。この値は君の神話パワーの最大使用回数となる。君に神話パワーの使用回数を回復する能力があったとしても、この値を超えた使用回数を有することはできない。

□活性(超常)
 君は困難な試練に打ち勝つために、神話パワーを呼び下ろすことができる。君は神話パワーを1回分消費することで、1d6をロールして今まさに行ったd20ロールの結果に加えることができる。この能力の使用は割り込みアクションを必要とし、元のロールの出目が明らかになった後に使用する。これによりロールの結果を変更することができる。この能力を使用することで得られるボーナス・ダイスは第4階梯の時点で1d8へ、第7階梯の時点で1d10へ、第10階梯の時点で1d12へと改善される。

□驚愕のイニシアチブ(変則)
 第2階梯の時点で、君はイニシアチブ判定に神話階梯に等しいボーナスを得る。加えて、君のターンにフリー・アクションとして神話パワーを1回分消費することで、そのターンの間に追加の標準アクションを1回行うことができる。この追加の標準アクションでは呪文の発動を行うことはできない。君はこの方法で1ラウンドに1回より多くの追加のアクションを得ることはできない。

□アークメイジの秘奥
△でたらめな秘術(超常)
 即行アクションとして、君は神話パワーを1回分消費することで、準備している呪文もしくは呪文スロットを消費することなく秘術呪文を1つ発動することができる。この呪文は秘術呪文を発動するクラスの呪文リストに含まれていなければならず、君が秘術呪文を発動するクラスで発動できるレベルのものでなければならない。君はこの呪文を準備している必要はなく、修得している呪文の一覧に含まれている必要もない。このようにして呪文を発動した際、レベルに関連した効果を決定する目的において、君の術者レベルは2レベル高いものとして扱われる。君はこの呪文に自分の修得している呪文修正特技を適用することができるが、修正後のレベル合計は君が秘術呪文を発動するクラスで発動できる秘術呪文の最高レベルを上回っていてはならない。

■自在なる相殺呪文(超常)
 君の神話パワーは他の呪文を相殺する能力を高めてくれる。割り込みアクションとして、君は神話パワーを1回分消費することで、呪文の相殺を試みることができる。この能力は君が呪文を相殺するために待機アクションを行っていたかのように機能するが、同じ呪文やディスペル・マジックを使用する代わりに、君は目標となる呪文の呪文レベル以上の呪文もしくは呪文スロットを消費する。

■神話特技追加(変則)
 君は神話特技1つを追加で得る。君は君の神話階梯の半分(最低1)に等しい回数まで、この能力を修得することができる。修得するたびに、別の神話特技を修得する。
△《イニシアチブ強化》(神話)
経験点 次のレベル
 
 
呪文
・ソーサラー
0(DC:23)
スパーク
ディテクトポイズン
ディテクトマジック
ライト
リードマジック
メンディング
メイジ・ハンド
ダンシング・ライツ


1(DC:27)
マジックミサイル(DC+1)
メイジアーマー
エンデュアエレメンツ
シールド
エンラージ・パースン


2(DC:28)
スコーチング・レイ(DC+1)
ウェブ
グリッターダスト
ガスト・オヴ・ウィンド
サイキック・リーディング


3(DC:29)
ファイアーボール(DC+1)
マジック・サークル・アゲンスト・イーヴル
コミュナル・レジスト・エナジー
デイライト(DC+1)


4(DC:30)
シャドウ・カンジュレーション
ストーンスキン
コミュナル・プロテクション・フロム・エナジー
ウォール・オヴ・ファイアー

マインド・スラストIV
イド・インシニュエイションIII
エゴ・ウィップII


5(DC:31)
シャドウ・エヴォケーション
コミュナル・ストーンスキン
ウォール・オヴ・サウンド
エコーロケーション

サイキック・クラッシュI


6(DC:32)
グレーター・ヒロイズム
グレーター・ディスペル・マジック
コンティンジェンシィ

メンタル・バリアーV

7(DC:33)
リミテッド・ウィッシュ
ウェイヴズ・オヴ・イグゾースチョン
グレーター・テレポート

エクトプラズミック・イラプション(DC+1)

8(DC:34)
ポーラー・レイ(DC+1)
アイアン・ボディ
ディメンジョナル・ロック

9(DC:35)
タイム・ストップ
ウィッシュ
ゲート

・言霊
目標語
パーソナル +0
セレクテッド +0
バリアー +3
バースト +1
コーン +0
ライン +1

修正語
ブースト +0

ディスタント +0
レンクシー +0

効果語
1
バーニング・フラッシュ /2

2
アクセラレイト 2

3
ファイアー・ブラスト
ファー・サイト /5
ディメンジョナル・ホップ

4
ボロウ・フューチャー

5

6
フォース・ウォード

7
ディストラクティヴ・ヴァイブレイション

8
ウィンターズ・ラス

9
トゥルー・ファイアー

・擬似呪文能力
回数無制限
 ハイトゥンド・アウェアネス

設定など
・呪文抵抗対抗:術者Lv+8+1d20 /1d20+30
・セーブ難易度:10+【魅力】+呪文Lv
・精神集中
 目標値:15+呪文Lv*2
 判定:術者Lv+【魅力】+2+1d20 /1d20+38
・1日の呪文回数
1 2 3 4 5 6 7 8 9 修正語
10 10 10 10 9 9 9 9 8 10
5 0 5 5 2 6 1 1 1 1

・クイックン/エンパワー
L M / L M
3 3 / 6 3
0 0 / 0 0

・神話パワー
 3+神話階梯の2倍
  7回 /1

・悪を討つ一撃
 【魅力】のボーナス(あれば)を攻撃ロールに加え
  +16
 パラディン・レベル1ごとに1ポイントの追加ダメージ
  +12点
 アーマー・クラスに【魅力】修正値を反発ボーナスとして加える
  AC+16
 4レベルになってからと以後3レベル毎に追加で1回
  1日4回

・癒しの手
 パラディン・レベルの1/2+【魅力】
  22回 /1
 パラディン・レベル2レベル毎に1d6
  6d6回復
 慈悲
  疲労状態/よろめき状態/過労状態/麻痺状態

・エネルギー放出
 30フィート半径の爆発
 1d6ポイント+レベル1を越えるパラディン2レベル毎に1d6
  7d6回復
 10+パラディン・レベルの1/2+【魅力】
  意志:32
 癒しの手を2回消費